セミダブルの高反発マットレスでおすすめなものはなんですか?

■セミダブルの高反発マットレスでおすすめなものは?

最近話題の高反発マットレスでおすすめなものが分かれば、購入する時に
参考にできますよね?ここでは、おすすめの高反発マットレスをまとめました。

  • アスリートも使用している東京西川の高反発マットレス
  • エコラテの高反発マットレスは高反発マットレスの平均的なもの

○「東京西川 ベッドマットレス セミダブル」 価格140,000円代

  • 耐圧分散、寝姿勢保持、吸透湿性、放湿性、保温性を満たしている
  • マットレスは2層構造で表面は約1860個の点で支える構造
  • 相手の寝返りなどが伝わりにくい仕様になっている
  • マットレスのウレタンに十字にスリットが入っていて、通気性バツグン
  • 朝起きた時の腰の痛みがないという声も多くある

○「エコラテ 高反発マットレス セミダブル」 価格20,000円代

  • スプリングの入っていないタイプなのでギシギシした音はない
  • ポリウレタンフォームが素材の沈み込みを抑える構造
  • 三つ折りに出来るので収納に便利
  • エコラテが高反発マットレスの平均的な品質と値段

○「マニフレックス セミダブルマットレス」 価格50,000円代

  • 7cmの厚みのマットレスがしっかりと体を支える構造
  • 布団のようにたためるのでコンパクトに収納できる
  • ドライクリーニングも出来て、衛生的
  • 最適な弾力性と復元力で耐圧分散に優れている

このようなメーカーの商品を購入すると、10年単位で長く快適に使うことが
できます。

セミダブルマットレスを選ぶ時のポイントをしっかりと押さえないと、すぐにダメに
なってしまうマットレスや、寝心地の悪いマットレスを買ってしまいますよ!

■セミダブルの高反発マットレスを買う時のポイントは?

マットレスは10年単位で使うものだから、慎重に選んで快適な睡眠を毎日
とれるようにしたいですよね?どんなポイントを重視し、選べばいいのでしょう。

  • マットレスの厚さは10cm前後のものを選ぶ
  • 値段が1万円以下と安すぎるものは避ける

調べてみると高反発マットレスとは、マットレスが適度に固いことで身体への
負担を吸収し、快適な寝姿勢を保つものです。

固いマットレスには、ある程度の厚みが必要となります。
10cm以下、特に5cm以下の極薄のものは避けるようにしてください!

また、抗反発マットレスはウレタンと呼ばれる素材で出来ていますが、価格が
低反発マットレスに比べて高いという特徴があります。

1万円以下の高反発マットレスは、使い始めて半年程度でダメになるので、
絶対に避けてください。

私も以前、安い高反発マットレスを買ったことがあるのですが、半年も持たずに
自分の体の形にマットレスがへこんでしまい、使い物にならなくなりました。

私は高反発マットレスを使う前は固い布団で横向けになって、寝ていたの
ですが、寝返りの度に腰に痛みを感じて起きていました。

また、横向きで寝るとコシは楽になるものの、首が痛くなったり、腕がしびれたり
して、熟睡とは程遠い睡眠を毎日とる羽目になっていたのです。

最近、高めの高反発マットレスを購入して、腰が楽になりました。

高反発マットレスを購入する際は、まずマットレスの厚みと値段に注意をしま
しょう。

また、セミダブルサイズならではの注意点があります。
それはマットレス表面に切り込みが入っているかどうか。

高反発マットレスは耐圧を包み込む低反発マットレスに比べて、パートナーの
寝返りの振動などが伝わりやすいです。

マットレスの表面に切り込みが入っていたり、点で支える構造になっていれば、
こうした問題を予防できます。

二人で快適に眠るために、マットレスの表面の形にも注意をしてください。

■セミダブルの高反発マットレスは三つ折りできるものが便利?

セミダブルの高反発マットレスは三つ折りが出来るものが良いそうです。
その理由とは、なんなのでしょうか?

  • 室内で立てて干すことが出来る
  • 片付けやベッドを移動する時に楽

三つ折りに出来るマットレスは、室内で立てることが出来ます。

高反発マットレスは通気性が低反発マットレスに比べていいのですが、
それでも干すことは大切。

10年も使うマットレスだから、定期的に干して風通しを良くすることで、最後まで
快適な寝心地を実現できるのです。

また、片付けの時やベッドを移動したい時に三つ折りに出来れば、便利です
よね?

高反発マットレスは普通のマットレスよりは軽いですが、大きいと運びづらく
なります。

■選ぶ時は二人で選びましょう

セミダブルのベッドを選ぶ時は、二人で使う場合、必ず二人で一緒に選ぶように
してください。

人によって、「心地いい」と感じるマットレスの寝心地はバラバラです。
出来れば店頭などで、試してみてください。

ダブルサイズの高反発マットレスは使い心地が悪いのですか?

■高反発マットレスはダブルサイズだとよくない?

高反発マットレスについて、あまり知識がない人はサイズによって寝心地が
違うのではないかと不安を感じますよね?サイズによる違いを調べました。

  • 高反発マットレスでも低反発マットレスでもサイズでのデメリットは同じ
  • 洗い物が干しずらい、2人で寝ると夏は暑いなど

私は、現在、高反発マットレスを愛用しています。
長年の悩みである腰痛も少しづつ、軽くなってきているように感じます。

以前は、寝返りを打つたびに痛みと違和感を感じて半分起きてしまい、熟睡
できるのは、月に数日くらいでした。

今では、高反発マットレスの寝心地にも慣れ、就寝をしてから朝までぐっすり
眠ることができます。

夜中のトイレはもともと少ない方なので、数日に1回、トイレに起きるだけで
毎日快適な睡眠を確保できています。

高反発マットレスは低反発マットレスのような包み込まれる柔らかさはない
分、通気性が良く腰への負担も軽いように感じます。

私はシングルサイズを使用しているのですが、友人が夫婦で腰痛に悩んで
いるようでダブルサイズの購入を検討しています。

高反発マットレスのダブルサイズとは、どんなものなのでしょうか?
調査してみました。

まず、高反発マットレスでも低反発マットレスでも、サイズによるメリットや
デメリットは同じです。

ダブルサイズだとシーツや掛布団などが大きくて、干しずらいという特徴が
あります。

また二人で寝ていると、掛布団の取り合いになる、夏はお互いの体温が
蒸し暑い、風邪をひいたら移りやすい、などの特徴があります。

■ダブルサイズの高反発マットレスが熟睡できない場合

夫婦やカップルの就寝時間がバラバラ、どちらかの寝相が悪い場合は、
ダブルサイズのマットレスは不向きです。熟睡できないカップルもいます。

  • 高反発マットレスの上に低反発ベッドパットを敷くと良い
  • サイズは反発力などに影響をしない

ダブルサイズのマットレスは、二人の就寝時間や寝相によって、使い心地が
大きく違ってきます。

もし、就寝時間、寝相の悪さなどがある場合は、高反発マットレスの上に低反発
ベッドパットを敷いて使用しましょう。

高反発マットレスはサイズが大きくなると反発力が弱まるイメージがあるかも
しれませんが、反発力はサイズとは関係ありません。

高反発マットレスは、商品によって構造が違いますが、ダブルサイズだと
中心の部分が早くへ垂れてしまう、といったことにはならないです。

どのメーカーの高反発マットレスでもシンブルサイズ、ダブルサイズは
用意されていますが、値段は1.5倍程度とお得感があるところもあります。

■高反発マットレスが相手の寝相の影響が大きい理由

高反発マットレスのダブルサイズにしてから「パートナーの寝相の悪さが
響きやすくなった」という声もあります。その理由とはなんなのでしょうか?

  • 高反発マットレスは面で体重を支える構造
  • スプリングやポケットコイルマットレスのように点では支えない

高反発マットレスは、マットレス全体で面で体重を受け止め、支えます。
そのため体重を分散しやすく、一か所に負担がかからないのです。

一方、一般的なマットレスに良くあるスプリングやポケットコイルマットレスは、
点で体重を支えます。

一か所に体重が集まりやすく、腰痛に良くありません。
しかし、これがダブルサイズとなると、あるデメリットが生まれるのです。

面で体重を支えているということは、一人の人が寝返りを打った影響が
もう一人の人に伝わりやすいということ。

これが原因で高反発マットレスは2人で寝ると、寝心地が悪く感じてしまう
のです。

こうした問題は、先ほど話した低反発ベッドパットの他に、寝るタイミングを
合わせる、シーツなどを肌触りのいいものにして他で寝心地を良くする。

こういった方法でカバーをしましょう。

また、返金・返品が可能なものを購入して、試してみるのも良いですね。
最初は寝心地が悪くても、徐々に慣れてくる人も多くいますよ!

■低反発マットレスは寝返りの回数が減るからダブル向き?

低反発マットレスは身体に負担を感じさせず、身体が深く沈み込むので、
寝返りの回数が減ります。

ダブルサイズにはもってこいなのですが、身体が沈み過ぎて、血行が悪く
なり、腰痛をさらに悪化させる原因となります。

寝ている時に一番深く沈むのは腰の部分。
深く沈むということは、一番血行が滞りやすいということ。

1日中、デスクワークなどで同じ姿勢でいる時と似た状態になってしまい
ます。

適度に寝返りは打った方が血行が良くなり、腰痛にもいいので、
ダブルサイズでも高反発マットレスの方が良いでしょう。

モットンの高反発のマットレスの評価は?口コミを教えて?

■モットンの高反発マットレスの評判・口コミは?

モットンの高反発マットレスは、どんな評判でどんな口コミなのでしょうか?
まとめてみましたので、購入の判断材料にしてみてください。

  • モットンはウレタンの密度がどこにも記載されていない
  • 販売元が不明瞭なので、購入は避けた方が良い

モットンは有名な高反発マットレスメーカーですが、パンフレットや公式サイト
などに、ウレタンの密度を表すニュートン数の記載がありません。

高反発マットレスの品質はマットレスの厚さ、ウレタンの密度、反発力で
判断をします。

ウレタンの密度を上げれば反発力が増すという単純なものではないので、
この3項目が重要になります。

しかし、モットンにはウレタン密度、反発力の記載がないので、購入前に
どんなマットレスかを判断することが出来ません。

また、販売元の記載が公式サイトにもなかったり、責任者の住所も不明で
あったりと、不安要素の多いメーカーと言えます。

そして、モットンの口コミは・・・

  • 腰痛には効果があるけど、少し硬い
  • 寝返りの打ちやすさは分からないが、腰が楽になった気がする
  • 低反発マットレスに比べれば全然いい

といったモノが中心でした。

■有名なマットレスでもしっかり調べてから買うべき?

腰痛持ちの人に今注目されているマットレス。身体に負担をかけないマット
レスというと低反発マットレスを買ってしまいがちですが、要注意ですよ。

  • 低反発マットレスは長持ちしないので経済的じゃない
  • 安すぎるマットレスは持ちが悪いので最終的に損をすることになる

低反発のマットレスは耐久性も反発力もないため、腰の部分が沈み込んで
しまい、腰に負担をかけることになります。

ですので、私は腰痛持ちの人は高反発マットレスが合っていると考えます。

私も、長年の腰痛で悩まされています。

最初は有名な低反発メーカーであるエアウィーブの購入を考えていたの
ですが、マットレスが薄いので「長持ちしなさそう」と感じ、別のものに。

手頃な値段の低反発マットレスを買ったのですが、安すぎたのか、半年も
持たない間にへたれてしまって、使い物にならなくなりました。

この期間は、軽いぎっくり腰になることが多く、かなり困っていました。
もともとの固い布団で寝るようになってからの方が、腰が楽だったように
思います。

私が購入したのは安いマットレスだったので、ダメだっただけかと思い、
有名な低反発メーカーのマットレスについて調べてみることにしました。

その結果、どんなに高品質な低反発マットレスでも、沈み込むことで腰痛や
肩こりの原因になること、耐久性が良くないことには変わりないようです。

一方、高反発マットレスなら高い弾力で、腰も肩も沈み込むことはありま
せん。

■高反発マットレスとはそもそも何?

腰痛に向いている高反発マットレスですが、そもそもどんなマットレスを
高反発マットレスと呼ぶのでしょうか?

  • NASAが開発した低反発マットレスに対して高反発は定義がない
  • どちらもウレタン製で密度・厚み・反発力が違う

低反発マットレスは、1970年代にアメリカのNASAが開発したものです。
上に物を置くと、ゆっくりと沈み込んで、どけるとゆっくりと復元します。

高反発マットレスは、明確な定義がなく、上に物を置くと一定のところで
しずみが止まります。もとにはすぐに戻るので、硬めのマットレスです。

どちらもウレタン製で、ウレタンの密度・厚み・反発力が違います。
低反発ウレタンを発砲できる工場なら、高反発ウレタンも発砲出来ます。

低反発マットレスに比べて高額な商品が多く、寝心地があまり良くありま
せん。

しかし、必要以上に沈み込まないので、負担をかけない構造です。
腰痛持ち、肩こりがひどい人などは症状を軽くしてくれます。

高反発マットレスにも低反発マットレス同様、有名なメーカーがありますが、
有名だからと言って、高品質とは限りません。

ここでは、モットンの高反発マットレスの評判を調査してみました。
腰痛を軽くして、長持ちしてくれるのでしょうか?

■最初は寝つけないがだんだん快適になるという声も!

モットンのような高反発マットレスは、他のマットレスとは寝心地が全く違います。
沈み込まず、今まであまり味わったことのないかんなくになるのです。

ですので、モットンを購入したその日はあまり寝つけない人が多いようです。
しかし、3日・4日にと寝ているうちに、心地よさを感じるようになり、腰痛も
軽減していくそう。

モットンには90日間の返品・返金サービスがあるので、お試しのつもりで
購入するのはありかもしれませんよ!

ニトリの高反発マットレスの評価を知りたい!口コミはどう?

■ニトリの高反発マットレスは評判がいい?

高反発マットレスについて調べると、ニトリの高反発マットレスが
話題のようです。実際に使用した人たちの口コミはどうなのでしょうか?

  • 実際に使用した人によればあまり良さを感じないそう
  • シーリーとのコラボだが品質は良くない

ニトリの高反発マットレスの口コミを調べてみると、このようなものがあり
ました。

  • 使用してすぐに過度の変形が出た
  • 生地がつるつるしているので上にのっているパットがずれてしまう
  • 寝心地が柔らかくて良い
  • シーリーとのコラボなので期待していたが品質は良くない

シーリーはホテルなどにも使用されている世界的に有名なマットレスの
メーカーですが、ニトリとのコラボで値段の関係上、品質が下がってます。

マットレスは10年単位で使用するものなので、予算は高めに設定をして、
高品質なものを買った方が良いでしょう。

ニトリの店頭で実際の商品を確認して、自分の目でもチェックを入れてみて
ください。

また、マットレスを交換してもらっても、すでに変形しているものが来る
場合があるそうです。

■腰痛持ちは低反発マットレスではダメ?

デスクワークや立ち仕事などで長年の腰痛に悩んでいる現代人は、
とても多く、私もその中の一人です。腰痛持ちに快適なマットレスとは?

  • 低反発マットレスでは腰が沈み込んでしまい、逆効果
  • 固い布団でも腰に負担がかかってしまう

腰痛に長んでいると、腰痛を軽減してくれるクッションなどに手が伸びて
しまいますが、一番苦労するのはマットレス選びですよね?

私は40半ばの男で身長180cm、体重90kg前後。

かなり大柄なので、腰への負担は小柄な人よりも大きく、それが腰痛へ
繋がっていると考えています。

ずいぶん長い間、腰痛に悩んでいていろいろな体制で寝るのを試している
うちに、固い布団に横向けで背中を丸めるのが一番楽なのに気付きました。

しかし、この体制を寝ている間中とるのは至難の業なので、寝返りを打つ
たびに腰や肩、首などに痛みを感じて目を覚ましてしまいます。

腰痛持ちで熟睡できないとなると、仕事にも支障がでますので、腰に優しい
マットレスをと思い、低反発マットレス・トゥルースリーパーを購入しました。

しかし、トゥルースリーパーは寝ると同時に腰が沈み込んでしまい、腰痛が
ひどくなるだけでした。

少し値段がするものなので柔らかさや包み込まれる感じは最高なのですが、
腰痛持ちで大柄の私には合わないようです。

そのあと、固い布団にいったん戻したのですが、やはり腰が痛くなることには
変わりありませんでした。

固い布団も低反発マットレスも腰に痛みを感じるなら、高反発マットレスは
どうだろうと思いつき、高反発マットレスについて調べてみました。

■高反発マットレスなら腰痛持ちにも安心?

固い布団も低反発マットレスも、腰痛持ちには寝心地がよくありません。
では、高反発マットレスはどうなのでしょうか?

  • 最初は腰が沈まなかったが、1ヶ月程度で腰が沈み込むようになった
  • 高反発マットレスが安物だったことが原因

高反発マットレスは高額なものが多いので、まずは手ごろな値段のものを
購入してみました。

すると、最初は、腰が沈み込まず、快適な寝心地だったのですが、使い始め
て1ヶ月くらいでしずむように。

どうやら、安物の高反発マットレスは、耐久性がないので、すぐにへたって
きてしまうみたいです。

結局、使い始めてわずか2ヶ月くらいで平均以上の値段の高反発マットレス
へ買い替えることになりました。

「こんなことだったら最初からしっかりした値段のものを買えばよかった!」
と、相当後悔しました。

しかし、買い替えた高反発マットレスは半年使っていても、腰が沈み込まな
くて、腰痛も軽くなってきました

腰痛には、固い布団よりも低反発マットレスよりも、高反発マットレスの方が
向いているようです。

では、どうして腰痛には高反発マットレスが向いているのでしょうか?
その理由を調査してみました。

■低反発よりも高反発マットレスの方が腰痛にいい理由とは?

一見、低反発マットレスは腰痛にいいように思いますが、実は高反発マット
レスの方が良いのです。その理由とは?

  • 横になった時に体重の半分近くが腰に来る
  • マットレスが柔らかいとそこだけ深く沈んでしまう

人の体重は立っている時は足の裏全体に100%の体重がかかります。
そして、座っている時はお尻や太もも、足の裏に体重が分散されていき
ます。

寝ている時は、身体全体がマットレスと接することになるので、頭約8%、
肩約33%、腰44%、ふくらはぎ約15%と分散されます。

横になっている状態では、腰に半分近い体重がかかるので、反発力の弱い
低反発マットレスだと、腰が一番しずんでしまうのです。

その結果、腰に一番負担がかかり、更に腰痛を悪くすることになります。

一方の高反発マットレスは、反発力が強く身体が沈み込まないので、体重の
半分がくる腰の部分も頭や足の部分も、平行な状態で眠ることが出来ます。

腰への負担が悪くなるので、腰痛持ちにとって快適な寝心地となるのです。