床に直接マットレスを敷くと腰痛が良くなる?悪化する?

床に直接マットレスを敷くことのメリットとデメリットをまとめてみた

床に直接マットレスを敷くと腰がしっかり伸びて、腰痛がよくなるといいます。
しかし、本当なのか床にマットレスを敷くことのメリット・デメリットを調査しました。

まず、床に直接マットレスを敷くことのメリットをまとめてみると、

・ベッドを購入する費用がかからない
・折りたたみ出来るから部屋が広くなる
・引っ越しのときに楽

そして、床に直接マットレスを敷くことのデメリットをまとめてみると、

・寝ているときに冷えやすい
・体の衝撃をマットレスだけでは吸収しきれない
・マットレスにたまった寝汗がマットレスを湿気させる
・腰痛が悪化してしまう

このように床に直接マットレスを敷くのは、デメリットの方が多いです。
床に直接マットレスを敷いて寝ていいことはほとんどありません。

今は折りたたみのすのこベッドなどがあるので、ベッドを使っていても折りたたんで
部屋を広く見せることができます。

また、ベッドがない分引っ越しが楽になりますが、引っ越し作業を業者の方がやる
場合は手間がかからないですよね?

そして、ベッドを購入する費用を浮かせることができても、床からくる冷えで風邪を
引いたり、腰痛になって病院に通うことになったら、費用がかかってしまいます。

天然木のすのこベッドは、シングルサイズで1万円前後で買えます。
床に直接マットレスを敷くのはやめておきましょう!

マットレスを床に直接敷くと確実に腰痛になる原因は?

マットレスを床に直接敷くと確実に腰痛になる原因は、どんなものがあるのでしょうか?
調べてみると、体への負担が分かりました。

床に直接マットレスを敷くと、自分の体重でかかる圧力がマットレスを通して床に
伝わり、それがそのまま自分に反復してきます。

マットレスと床の間にベッドがあれば、ベッドが圧力を吸収してくれます。
しかし、ベッドがないので、そのまま帰ってきてしまうのです。

体を横にしたときに体重の約44%は腰に来るといわれています。
自分の体重の約44%の重さの圧力が、床から腰に反復している状態になっているのです。

これでは、腰がいたくなって当然ですよね?
床に直接マットレスを敷くのはよくありません。くれぐれもしないようにしてください。

床に直接マットレスを敷いて寝ていて腰痛になった人の体験談

床に直接マットレスを敷くのは健康に良くありません。
ここからは実際に床にマットレスで眠っていて腰痛になった人の体験談をみていきます。

床に直接マットレスを敷いて寝転んだときから違和感があったそうです。
硬いだけではなく、床の冷たさも伝わってくるといいます。

でも引っ越しと新しい環境での生活にばたばたしていて余裕がなかったので、
そのままにしていたといいます。

そして、新しい環境での生活になれてきた3か月後、腰が痛くなり始めたそうです。
しかも、腰だけではなく腕も痛くなって仕事に支障が出るようになったそうです。

痛みは圧迫と冷えが加わると悪化しやすくなります。
床からの圧力の跳ね返りだけではなく、冷えも腰痛の原因になるのです。

特に床に直接布団をしいて寝ていると、体によくないといいます。
でも、様々な事情でベッドを買えない人はいますよね?

そこで、こんな方法を試してみてください。

・厚みが10cm以上あるマットレスを選ぶ
・反発力が高く、体をしっかり支えてくれる
・通気性が良く保温性もあるもの

このように機能的なマットレスなら床に直接敷いてもいいでしょう。
高機能なマットレスには、マニフレックスやエコラテ、ブレスエアーなどがあります。

しかし、こうしたマットレスはどれも15,000円以上。
この値段のマットレスを床に直接敷いて使うのは、もったいないように思います。

ですので、通販で激安の天然木すのこベッドを買いましょう!
例えば、こんなものがあります。

〇天然木すのこベッド シングル

・簡単に組み立てができるベッド
・値段は11,440円
・ベッド下の高さは26㎝あるので収納ケースをしまえる

このようにとても手軽にベッドは買えます。
ベッド下の高さはある程度あった方が湿気も逃げますし、収納ケースも置けて便利です。

季節外れの掛け布団や衣類、普段なかなかつかわないものをしまっておきましょう!

マットレスを床に直接敷くと長持ちしなくなるって本当?

マットレスを床に直接敷くと長持ちしなくなります。
寝汗がマットレスにたまってしまい、へたってしまうのです。

それを防ぐためには、マットレスを起きるたびに壁に立てかけて、室内干しを
しないといけません。

でも、ベッドを買う暇もないのに、こんなことする時間なんてないですよね?
ですので、すのこベッドを買った方がいいのです。

マットレスを床に敷いていると腰痛になるだけではなく、腕の不調、マットレスの
へたり、そしてフローリングがかびるなどの問題が出てきます。

そうならないために、きちんとマットレスはベッドとセットで使いましょう!
湿気が多い部屋では湿気取りシートなどを使うとさらにいいですよ。

人生の3分の1はマットレスの上で過ごすので、睡眠環境は少し贅沢をしてください。

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス