腰痛にいいマットレスを無印良品で買うことはできる?

腰痛に悩んでいるけどおしゃれなマットレスを買いたい。無印良品は?

腰痛に悩んでいても機能性だけで、おしゃれじゃないマットレスは嫌ですよね?
おしゃれじゃなくてもせめてシンプルなものを買いたいものです。

マットレスは10年くらい使い続けるものです。

「マットレスの柄くらいダサくてもいいか」と思うかもしれませんが、10年も
シーツやベッドパットを洗濯するたびに目にします。

そのたびに柄がダサかったり、色がきらいだと少し不愉快ですよね?

そこで、シンプルでおしゃれで年齢・性別を問わない商品を多く扱っている無印良品
のマットレスを調査してみました。

まず、無印良品のマットレスはマットパットを含めて38個も取り扱っていました。

その中で、マットレスは28個。
腰痛にいい高反発マットレスは、20個でした。

ただ、どのマットレスも反発力に関してはっきり書かれていないので、あくまで推測です。
そして、20個といっても、4種類のマットレスにそれぞれ5つのサイズがあるだけです。

ただ、一つのメーカーで高反発マットレスが4種類から選べるのは、選択肢が広い方です。
それぞれの特徴を比較してみましょう!

無印良品の高反発マットレスの特徴を比較してみた。腰痛にいいか検証

無印良品の高反発マットレスは、4種類あります。
それぞれどんな特徴があるのか検証してみました。

〇天然素材でつくったノンコイルマットレス

・厚さ15㎝なので腰痛改善には余裕のある
・強度が強いコットン、弾力性があるウール、ラテックス、ココファイバーでできている
・通気性がいいのでカビなどの心配が少ない
・腰痛改善に効果が期待できる
・値段は75,000円~125,000円

〇増量タイプ・超高密度ポケットコイルマットレス

・厚さが19㎝あるので腰痛改善に余裕がある
・線径1.2mmと細井銅線をコイルにしたマットレス
・細くコイルが高密度で敷き詰められているので硬めの寝心地
・値段は80,000円~13,500円

〇超高密度ポケットコイルマットレス

・厚さが19㎝ある
・コイルを交互配列したマットレス
・超高密度のコイルがしっかり体を支える
・65,000円~120,000円

〇高密度ポケットコイルマットレス

・厚さ19㎝のマットレス
・体の凸凹にそってコイルが連動するので体にフィットする
・揺れや沈み込みが少ないので安定した寝心地
・48,000円~95,000円

天然素材のマットレスに使われているラテックスは、マレーシアで生産される天然ゴム。
ココファイバーはココヤシから作られる素材で耐久性と通気性に優れています。

どちらの素材も多くの高反発マットレスに使われています。
ポケットコイルマットレスは増量タイプと超高密度は腰痛によさそうです。

ただ、はっきりと硬さについて書かれていないので、店舗で試しに寝てみる必要があります。

無印良品のマットレスは腰痛に効果がある硬さ?口コミをまとめてみた

無印良品のマットレスは硬さについて明記されていません。
口コミから硬さをイメージすると、わかりやすいと思います。

そこで、それぞれのマットレスの口コミをまとめてみました。

・天然素材のノンコイルマットレス 「いいよ」
・増量タイプ 超高密度コイルマットレス 「寝心地最高です」
・超高密度ポケットコイルマットレス 「硬くなく、柔らかくなくとてもいい」
・高密度ポケットコイルマットレス 「程よい固さで腰痛が軽くなった」

このように満足している口コミがほとんどでした。
口コミの数でいうと「高密度ポケットコイルマットレス」が圧倒的に多かったです。

値段が安くて買いやすいこととポケットコイルマットレスは聞いたことがあるので、
安心して買えるのが人気の秘密でしょう。

無印良品のポケットマットレスは高い。その理由を調査

無印良品のポケットコイルマットレスは、腰痛に効果があるようです。
しかし、値段をみると高いのが気になります。

どうして無印良品のポケットコイルマットレスは高いのでしょうか?
その理由を調べてみると、こんなことが分かりました。

無印良品のポケットコイルマットレスは、日本のコイル職人が作ったコイルを
非常にたくさん使ているようです。

・増量タイプ超高密度ポケットコイルマットレス スモール1080個、クイーン2000個
・超高密度ポケットコイルマットレス スモール759個、クイーン1551個
・高密度ポケットコイルマットレス スモール672個、クイーン1344個

このように大量のポケットコイルを使っているので、高くなってしまうのです。

例えばニトリのポケットコイルマットレスは高級マットレスメーカーのシーリー
とコラボしたものでもシングルで480個のコイルしか使われていません。

無印良品のシングルよりも小さいスモールよりもコイル数が少ないのです。
これでは、硬さや耐久性、寝心地に差が出ます。

だからこそ、無印良品のポケットコイルマットレスは高いのです。
しかし、マットレス専門メーカーの商品でもっと手ごろな値段のものがあります。

そちらと比較してみて、本当に無印良品のマットレスにするか検討してみましょう!

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス