寝たきりの人は腰痛マットレスがいいって本当ですか?

腰痛マットレスは寝たきりにどんな効果があるのか調査

腰痛に悩んでいる人は、高反発マットレスがいいといわれています。
腰痛の人以外にも、寝たきりの人にもいい効果がありますよ。

うちの祖父もそうだったのですが寝たきりの人って、背中の蒸れがすごいですよね?
1日中ベッドの上で過ごすから、寝汗が背中にたまって蒸れて肌トラブルになります。

しかも、運動量もかなり減るので筋力も体力も落ちてしまいます。

寝返りを打つのも大変になってしまうので、寝返りをサポートする機能がある
マットレスを選んだ方がいいでしょう。

一昔前までは寝たきりの人には、低反発マットレスがいいと言われていました。
しかし、体が深く沈み込んでしまって、寝返りが打ちづらくなっていました。

その結果、床ずれという皮膚がふやけてめくれてしまうトラブルになる人が多かった
のです。

それが原因で、今では高反発マットレスを使っている病院や老人ホームがほとんど。
身体をしっかり支えてくれるので、寝返りをうちやすくしてくれます。

床ずれはずっと寝返りをうたないで、背中がずっとマットレスに触れている状態に
なることで、皮膚が蒸れて起こります。

高反発マットレスが寝返りをサポートすれば、皮膚が蒸れることはありません。
床ずれも起きにくくなるので、寝たきりにいいのです。

寝たきり用の介護マットレスはやめた方がいい。その理由をまとめてみた

寝たきり用の介護マットレスは高反発なものが中心。
一見、寝たきりの腰痛や床ずれを防いでくれそうですが、実はよくありません。

・介護用マットレスが良くない理由 その1 「1枚で使うものじゃないから」

介護用のマットレスはおもらしをしたときのために、敷布団やベースマットの上に
防水シートを敷いて、その上に置いて使うことを前提に作られています。
1枚で使うものじゃないから、薄すぎて反発力と耐久性に欠けます。

・介護用マットレスが良くない理由 その2 「丸洗いできるから」

介護用マットレスは、おもらしをしたときに丸洗いできるようになっています。
丸洗いできるものはマットレスの素材の密度が低いものが多いです。
反対に、密度が詰まっているマットレスは丸洗いできないものが多いです。

・介護用マットレス その3 「やわらかめに作られているから」

介護用マットレスは介護用ベッドのリクライニング機能に対応できるよう、柔らかめ
に作られています。
リクライニングをよく使う場合は介護用マットレスが必要ですが、あまり使わない場合
リクライニングできなくても、問題ありません。

このように介護用マットレスは、介護しやすいことがメインで作られています。
耐久性や反発力に配慮しているものが少ないので、腰痛マットレスの方がいいのです。

腰痛マットレスを使って寝たきりの人を介護している人の体験談

腰痛マットレスを使って、寝たきりの人を介護する場合、なにか不便なことが起こり
そうで不安ですよね?そこで体験談をまとめてみました。

その結果、腰痛マットレスを使って介護している人の体験談はありませんでした。
しかし、介護度3の姑さんを10年介護している人の体験談によると、

「10年在宅介護をしていて介護ベッドを使っているけど、リクライニングを使った
ことが1回もないんです。介護ベッドを買った意味があったのか疑問です」

とのことでした。
介護をしている=リクライニングをつかうというわけではないみたいですね。
腰痛マットレスは硬くて厚みも10cm以上あるので、リクライニングができません。

マットレスの上に防水シートを敷いてその上からベッドパット、シーツを敷けば、
おもらし対策になります。

マットレスが薄くなくても、きちんと介護できますよ!
また、腰痛マットレスをつかうことで腰回りの血行がよくなって、体調がよくなります。

寝たきりの症状が軽くなることも考えられるので、試してみてくださいね。

寝たきりにいい腰痛マットレスはどれ?商品を紹介

寝たきりにいい腰痛マットレスは、どんなものがあるのでしょうか?
商品を紹介していきます。

寝たきりの人は、寝返りを打ちやすくするために反発力が高いマットレスがいいです。
しかし、反発力が高すぎると体を痛めてしまいます。

ですので、寝たきりの人に合っている硬さのマットレスを選びましょう!
例えば、体重が50kgなら、100~140ニュートンの硬さのマットレスがあっています。

例えば、こんな商品があります。

・西川エアー Air マットレス

120ニュートンでちょうどいい硬さのマットレス。
シングルサイズで3,4560円と買いやすい値段です。
通気性があるので、寝ているときに熱がこもりません。
ロール状で自宅まで届くので運びやすく、軽いので持ち運びも便利ですよ。

このようなマットレスを使って、木製のすのこベッドに手すりを付けても十分介護は
できます。

寝たきりと言っても症状の重さには個人差があるので、起き上がれる場合はできるだけ
起き上がっている状態で過ごしてもらいましょう。

リクライニングベッドにすると、自分で起き上がれるのにリクライニング機能を使って
起きるようになってしまい、寝たきりの人の筋力がどんどん落ちていってしまいますよ。

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス