マットレスのせいで腰痛になることはある?寝起きに腰が痛い理由

寝起きに腰が痛い4つの原因をまとめてみた

夜寝る前までは「ちょっと腰が痛いな」くらいだったのに、朝起きたら腰に激痛が
走っていたということは誰にでも一度はあると思います。

そんなときに考えられる4つの原因を知っておけば、腰痛の原因を特定しやすいですよ。

・朝起きたときの腰痛の原因 その1 「寝る前や前日の姿勢の問題」

寝る前に腰に負担をかける姿勢をずっとしていたり、前日に腰に悪い姿勢を長時間
つづけていたりすると、翌朝腰が痛くなることがあります。
姿勢を正すと寝起きの腰痛が改善されるので、姿勢に気をつけましょう。

・朝起きたときの腰痛の原因 その2 「腰の筋肉に疲労がたまっている」

連日のデスクワークや重労働で腰の筋肉に疲労がたまってしまうと、朝起きたときに
腰が痛くなります。腰のサポーターなどをまいて腰への負担を減らしてください。

・朝起きたときの腰痛の原因 その3 「マットレスや敷布団など寝具の問題」

朝起きたときに腰が痛いのは、マットレスヤ敷布団などの寝具の問題が考えられます。
寝具の状態がよくないと、横になったときにいちばん負担がかかる腰が痛くなります。
一度状態が悪くなった寝具は元に戻らないので、新しいものに買い替えましょう。

・朝起きたときの腰痛の原因 その4 「寝方の問題」

寝ているときに横向きで寝ていたり、うつ伏せで寝ていたりすると腰痛になります。
これらの寝方は腰に負担をかけてしまうので、少しづつ寝方のくせを治しましょう。
腰痛にいいマットレスにすると自然と寝方が治りますよ。

このように朝起きたときの腰痛には、いくつかの原因があります。
他にも原因があるので、自分で何が原因か考えてみましょう。

寝起きの腰痛はどんな風に治したらいい?すぐできる対処法

朝起きて腰が痛いと、その日1日がすごしづらくなります。
そこで、すぐに腰痛を解消できる方法を調べてみました。

腰痛をすぐに解消するためには、腰を痛くない程度に伸ばすことが効果的。
床に仰向けに寝て、足を大きく開きましょう。

こうすることで、腰が自然と伸びます。
注意してほしいポイントは、痛かったらやめること。

痛みを我慢してやるとぎっくり腰になる可能性があるので、気をつけましょう。

そして、床に寝るのも痛くて出来ないという場合は、ホッカイロを貼ってください。
腰を温めて血行を良くすることで、腰の筋肉残りがほぐれて痛みがひきます。

また、老廃物が流れるので肥満解消にもなります。
他には、こんな方法が痛みなく腰痛を治せますよ。

・温かい飲み物を飲む
・ストーブなどで腰を温める
・腹巻をまく
・腰回りが冷えない格好をする
・トイレに行って便を出す

腰回りの冷えを解消して、老廃物を排出することで痛みは引いていきます。
腰の痛みは血行不良と老廃物と冷え。この3つの要素を取り除きましょう!

腰痛を改善するためにはマットレスを買い替えた方がいい?

腰痛を改善するためにはマットレスを買い替えることも効果的です。
どんなマットレスにすればいいのでしょうか?

寝起きの腰痛を改善するためには、腰痛にいいマットレスにしましょう。
エコラテやマニフレックスなどが効果的です。

これらの高反発マットレスは、十分な弾力と厚みで腰をしっかりささえます。

寝ているときに横から見てまっすぐになっている理想的な寝姿勢を保持できるので、
快適に眠ることができますよ。

理想的な寝姿勢は腰への負担を解消します。
朝起きたときに腰が伸びている状態になるので、腰痛を改善することができます。

私も以前は寝起きの腰痛がひどくて悩んでいました。
腰が痛くて上半身を起こすこともできなかったのです。

ベッドから起き上がるのに5分くらいかかって、そこから朝の身支度をしているうちに
少しづつ腰がほぐれてきて、痛みがなくなってくるのです。

朝の5分は貴重なので、痛みとイライラで毎日最悪のスタートを切っていました。
それが腰痛改善の効果があるマットレスにしてからは、なくなりました。

寝起きに腰が伸びて痛みがないので、すっと起き上がることができます。
また、今までは夕方になると腰が必ず痛くなっていたのに今は痛くなりません。

姿勢もよくなったので、体調もいい気がします。
腰痛改善マットレスにすると、腰だけではなく全身の調子がよくなりますよ!

腰痛を治すためにマットレスを変えるのは大げさ!?必要性を調査

腰痛を治すにはマットレスを買いかえる必要があります。
「大げさ」と思うかもしれませんが、実は必要なことなのです。

マットレスを買いかえるのことは、どうして必要なのでしょうか?
その理由について説明すると、

・1日の7~8時間マットレスの上で過ごすから

人生の3分の1はベッドの上で過ごすといわれています。
1日に換算すると7~8時間です。
ここまで長く過ごすマットレスが粗悪だと、腰痛は治りません。

・睡眠の質を左右するから

睡眠の質を左右するマットレスが体に良くないものだと、疲れが取れません。
しっかり疲れをとるためには、質のいいマットレスが必要です。

このように寝起きの腰痛を治すためには、高品質なマットレスを選びましょう。
腰痛改善をするためにマットレスを買い替えるのは大げさではありませんよ!

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス