寝返りをしやすいマットレスは腰痛にいい?寝返りと腰痛の関係

寝返りをするのと腰痛にはどんな関係がある?寝返りは少ない方がいい?

寝返りをすると、腰が痛くなりますよね?
腰痛を治すためには、寝返りをしないほうがいいのでしょうか。

まず寝返りをする効果は、寝ている間に血液や水分、酸素が偏らないようにするため
です。

もし、寝ている間に寝返りを1回もしないと重力に従って背中の方に血液や水分がたまり、
お腹の方に酸素が溜まります。

そうなると、お腹の方が血液、水分不足になり、背中の方が酸素不足になります。
こうなってしまうことを防ぐために、寝返りが必要なのです。

寝返りを打つのは、寝ている間に体の中のバランスが乱れるのを防ぐため。
一晩に人は10~40回くらい寝返りをうつと言われています。

腰が痛いと寝返りのたびに起きてしまうので、10~40回くらい腰が痛くなって
目を覚ますことになります。

こうなると腰が痛いだけではなく、寝不足になってしまいます。
疲れが取れなくなり、腰痛が悪化しやすい状態になります。

これではなかなか腰痛が治りません。

腰痛を治すために寝返りを減らそうとする人もいますが、寝返りは必要なものです。
減らすのではなく、寝返りをしやすいマットレスを選びましょう。

腰痛の人が寝返りをうつときに痛みを感じないようにするためには、寝返りを
うちやすいマットレスを選びましょう!

寝返りを打ちやすいマットレスはどんなものがある?低反発マットレスは?

寝返りをうちやすいマットレスは、どんなものがあるのでしょうか?
低反発マットレスはいいのか調べてみました。

寝返りをうちやすいマットレスは、反発力が高いマットレスです。

反発力を高いマットレスにすれば、体を下から持ち上げてくれるので寝返りを
うちやすくなります。

反発力が低い低反発マットレスは体を持ち上げるどころか沈み込ませてしまいます。
これでは、寝返りがうちにくいですよね?

寝返りがうちにくくなると、血行が悪くなるので腰痛が悪化してしまいます。
寝返りを打つには高反発マットレスにしましょう。

厚みが10cm以上あるしっかりと体を支えるものを選んでください!

寝返りを寝ているときに必要な回数打てているか知る方法と対策

腰痛を改善するために寝返りを必要な回数打てているか知るには、どんな方法が
あるのでしょうか?

寝返りを必要な回数打てているか知るには、こんな方法があります。

・朝起きると腰が痛くなっている
・背中が硬くて柔軟性がない
・朝起きたときに寝たときと同じ姿勢をしている
・マットレスで寝返りが打ちづらい

これらの条件に当てはまっている場合は、マットレスが原因で寝返りを打てない
ようになっていることがあります。

しかし、マットレスが反発力が高いのに寝返りを打てない場合は、他に原因があります。
例えば、こんな原因です。

・滑りやすいシーツを使っている

シルクやポリエステル、ナイロンなどのツルツルしている素材のシーツだと寝返りを
打つときに体が不安定になります。
滑りやすいシーツをコットン100%のシーツにするだけで、寝返りを打ちやすくなります。

・大きくて重い抱き枕を使っている

大きくて重い抱き枕を使って寝ていると、寝返りが打ちにくくなります。
「抱き枕がないと眠れない」という人は、小さくて軽い抱き枕にしましょう。
寝返りが打ちやすくなり、血行がよくなりますよ。

・ベッドの上にたくさんクッションをおいている

ベッドの上にたくさんクッションを置いていると、寝返りをするときにジャマになります。
クッションは寝るときにベッドの上から落として、余計なものがないベッドで寝ましょう。
ベッドボードに持たれて本を読んだりするときは、クッションではなく枕にしてください。

・露出度の高いルームウエアで寝ている

短パンなどの露出度の高いルームウエアを着て寝ている場合は、寒くて寝返りの回数が
増えてしまいます。長ズボンで寝ることで寝返りが減るので、腰への負担が軽くなります。
足首が出ていても体が冷えるので、10分丈のズボンにしましょう。

・重い掛け布団や毛布を使って寝ている

重い掛け布団や毛布を使って寝ていると、寝返りを打ちづらくなります。
寝返りを打ちやすくするためには、軽い羽毛布団などにしましょう。

・分厚い腹巻などをつけている

分厚い腹巻をつけていると、腰回りがゴワゴワしてしまいます。
寝返りをうちづらくなるので、薄い腹巻に変更しましょう。

このようにちょっとしたことが原因で寝返りはうちづらくなります。
自分のベッド環境を見直して、原因がないかチェックしましょう。

寝返りが打ちやすいマットレスはどんな商品がある?

寝返りを打ちやすくするためには、マットレスを買い替えると効果的。
どんな商品があるのか調査してみました。

・エコラテ

低価格で高反発マットレスを変えるメーカーです。
体をしっかり支えてくれるので、寝返りが快適に打てます。
幅広いサイズ展開で、さまざまなニーズにこたえます。

他にも、海外のマットレス専用メーカーの商品がいいでしょう。
マットレス文化が長い海外は、高品質で買いやすい値段のマットレスメーカーが豊富です。

私もイタリアのマットレス専用メーカーの商品を使っていますが、寝返りのたびに起きる
ことがなくなり、腰痛が楽になりましたよ!

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス