腰痛には日本ベッドのマットレスがいい?どんな商品がある?

腰痛を治すのに日本ベッドのマットレスがいいって本当?

腰痛は毎日の生活が辛くなるので、出来るだけはやく治した方がいいです。
生活レベルが落ちるまでに、改善することが大切です。

腰痛を治すためには、日本ベッドのマットレスが効果的。

でも、腰痛に効果があるマットレスシリーズとそうではないマットレスシリーズが
あるので、選ぶときは気をつけましょう。

日本ベッドのマットレスシリーズには、シルキーとビーズ2種類があります。

シルキーは、独立したポケットコイルを今までの日本ベッドのマットレスの約2倍
使ったマットレスです。

ポケットコイルを1200個使っている超高密度構造「シルキーポケット」で、身体的
メンテナンスに優れています。

しかし、寝心地としては「やわらかめ」なので腰が沈み込んでしまうことがあります。

そして、ビーズポケットマットレスは独立したポケットコイルが程よい固さで体を支えます。
上質な眠りをサポートするので、肉体的に疲れている人や体重が重い人に向いています。

ビーズポケットマットレスは、腰痛などで腰をしっかり支えてほしい人に向いています。
寝心地は「硬め」なので、腰痛改善に効果的ですよ!

日本ベッドのビーズポケットマットレスの特徴をまとめてみた

腰痛改善に効果がある日本ベッドのビーズポケットマットレス。
どんなマットレスなのか、具体的にまとめてみました。

〇日本ベッド ビーズポケットマットレス

・ビーズマットレスとビーズマットレスベーシックの2種類がある
・ビーズマットレスにはハード、レギュラー、ソフトの3種類の硬さがある
・どの硬さでも値段は一緒
・ビーズマットレスベーシックの方が1万円以上やすい

このように同じメーカーのマットレスで3種類の硬さがあるのは、便利ですよね?
硬さを選ぶときは腰痛の症状の重さに合わせるのではなく、体重に合わせて選びましょう。

体重が軽い人(50kg以下)はソフト、平均的な人(80kg以下)はレギュラー、
そして体重が重い人(80kg以上)はハードを選ぶといいですよ!

日本ベッドはシングルサイズで9万円~10万円代する高級マットレスメーカーです。
しかし、その値段に釣り合った寝心地と機能性です。

日本ベッドのビーズポケットマットレスは、コイル数が以下の通りです。

・シングル 612
・ゼミダブル 748
・ダブル 884
・クイーン 1020
・ハーフクイーン 476

これをニトリのポケットコイルマットレスのコイル数と比較してみると、

・シングル 405個
・セミダブル 513個
・ダブル 594個

このように同じポケットコイルマットレスでも、ここまでコイル数がちがいます。
コイル数が多ければ多いほど、体を支える点が増えるので体圧分散性が高くなります。

体圧は横になっているときに腰に集中してしまいますが、体圧分散性が高ければ、
腰に集中しないでバランスよく分散されていきます。

毎日寝ているときにかかる腰への負担が軽くなので、腰痛を治しやすくなります。

日本ベッドのビーズポケットマットレスはコイル数が多く、一つ一つのコイルが硬く
腰をしっかりと持ち上げてくれるので、腰痛改善にいいのです。

「日本ベッドのポケットコイルマットレスがいいなら、他のメーカーのポケットコイル
マットレスでもいいか」と安いものを選んでしまうと腰痛を治せない可能性があります。

日本ベッドのマットレス以外を選ぶ場合でも、ある程度の品質があるマットレスを選び
ましょう!

日本ベッドのマットレスはシングルでも10万円。平均はどれくらいなのか調査

日本ベッドのマットレスは高いので、シングルサイズでも10万円します。
平均を知らないと、「これくらいするものなの?」と驚いてしまいますよね?

そこで、ポケットコイルマットレスのシングルサイズの平均価格を調べてみると、
「2万円代~5万円代」が平均的な値段であることが分かりました。

日本ベッドの10万円のマットレスは、やはり高額ですね。
本当にここまでの品質が必要なのか、考えてから買いましょう。

ポケットコイルマットレスはニトリが有名ですが、ニトリのマットレスは値段が
あまりやすくありません。

ポケットコイルマットレスシングルで29,000円代なので、そこそこのお値段。
もっと安くて腰痛改善にいいマットレスはあります。

ポケットコイルマットレスはコイル一つ一つを布で包むから、手間と材料費がかなり
かかります。

ウレタンフォームのマットレスの方が安いということを知ってから買いましょう!

ポケットコイルマットレスよりも安いウレタンフォームのマットレスとは?

ウレタンフォームのマットレスとは、食器を洗うスポンジと同じ構造です。
つまり、材料を大きな長方形に成型すればいいだけなのです。

ウレタンフォームのマットレスを作るのは手間がかからないし、材料費も安いです。
そのため、腰痛に効果的で高品質なマットレスでも16,000円~20,000円で買えます。

「ポケットコイルマットレスは高いから抵抗がある・・・」は、ウレタンフォームの
マットレスを選びましょう。費用を抑えられるし、選択肢も広がりますよ。

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス