ケガや病気で寝たきりに!床ずれしない腰痛マットレスは?

寝たきりの人が気を付けた方がいい床ずれ。重症化する前に対策を

ケガや病気で寝たきりになってしまうと床ずれが起こります。
床ずれは悪化するととても危険なので、その前にケアをしましょう。

床ずれとは、1日中マットレスに触れている部分の皮膚が蒸れてトラブルを起こすこと。
床ずれはかなり痛みを伴いますし、寝たきりの場合は治療も難しいのです。

寝た切りの患者自身や介護者だけでは、床ずれは防ぎきれません。
ですので、床ずれになりにくいマットレスを選びましょう!

床ずれにならないマットレスは、高反発マットレスです。

介護用のマットレスに一時期低反発マットレスが使われていましたが、寝返りを
うちづらくするので、床ずれが起きやすくなっていました。

そこで現在では介護用マットレスは高反発マットレスがメインになっています。
寝返りをサポートするので、床ずれが起きにくいからです。

床ずれは皮膚が弱っている高齢者がなりやすいもの。
しかし、若い人でも寝たきりでいるとなる可能性があります。

家族がケガや病気で寝たきりになってしまったら、必ず高反発マットレスを
使いましょう。

高反発マットレスが床ずれを予防する理由。体圧分散について

高反発マットレスは床ずれを予防します。
それは寝返りをサポートするからという理由以外にも、こんな理由があります。

・体圧分散性に優れているから

体圧分散とは体の圧力をバランスよく分散すること。
横になっているときは44%が腰、33%が背中に集中します。

高反発マットレスはこれをきれいに分散するので、床ずれが起こりにくいです。
床ずれは腰や背中に出来ることが多いのですが、体圧が集中するところだからです。

・通気性がいいから

寝たきりの人は体とマットレスがつねに触れているので腰や背中に湿気がたかります。
すると、皮膚がふやけて刺激に弱くなり、床ずれが起こるのです。

高反発マットレスは通気性がいいので、湿気を逃がします。
皮膚がふやけず床ずれが起こりにくいのです。

・腰や背中を痛めないので不自然な姿勢で寝ない

低反発マットレスや硬さが足りないマットレスで1日中寝ていると、腰や背中を
痛めてしまいます。

その結果、痛いところがマットレスに当たらないように不自然な姿勢で寝ることに。
それが不自然な部分の皮膚に負担をかけて床ずれができてしまうのです。

高反発マットレスは腰の部分がしっかり伸びるので、腰などに痛みが出ることが
ありません。

腰痛に効果がある高反発マットレスは寝たきりの運動不足を解消する

腰痛に効果があると言われている高反発マットレスは、寝たきりの運動不足を解消
する効果もあります。

寝たきりでいると、1日のほとんどをベッドの上で過ごすことになります。
こうなると自然に運動不足になってしまいますよね?

高反発マットレスにするだけで、この運動不足を防ぐことができます。

高反発マットレスは高い反発力で寝返りを後押ししてくれるので、快適に寝返りを
打つことができます。

寝返りの回数が増えれば腹筋・背筋を使う機会も増えるので、運動になります。

また、体の中心部分である腰の血行が良くなるので、全身にしっかり血液が巡り、
新陳代謝が活性化します。

運動をしていなくても血行がよくなるだけで、体の機能は高くなります。
寝たきりの人には、高反発マットレスを買ってあげましょう!

高反発マットレスは通気性がいいので、細菌やカビの繁殖を阻止します。
優れた通気性と通水性なので、不潔になりがちな寝たきりの人の布団の中を清潔に
保ちます。

介護用ベッドにもとからついているマットレスよりも、腰痛になりにくいし、
床ずれにもなりにくいです。

介護用マットレスと高反発マットレス。腰痛にならないのはどっち?

介護用ベッドにはもともとマットレスがついているものが多いです。
しかし、付属のマットレスよりも高反発マットレスの方が腰痛になりにくいです。

介護用のベッドにはさまざまな種類がありますが、ここではフランスベッドの介護用
ベッドを例に話していきます。

付属のマットレスは、ウレタンフォームでスプリングの層をサンドしている構造です。
それでは寝返りのときに音がしますし、寝心地も快適ではありません。

ドルメオなどのウレタン素材だけでできているマットレスなら、スプリングなしなので、
快適に眠ることができます。

寝返りのときに音がしないですし、適度が柔らかさもあります。
そして、何よりスプリングが入っていないことで軽いです。

マットレスを部屋干ししたいときやベッドを移動したいときなどに気軽に動かせます。

介護はただでさえ体力をつかうので、マットレスなどの介護用品は軽くて扱いやすい
モノを選ぶようにしてください。

また、介護専用のものじゃないので、介護用ベッドをリクライニングするときに
マットレスだけが浮いてしまいます。

よくリクライニングする人は、介護用マットレスの方が快適です。
介護用マットレスを買う場合は出来るだけ厚手なものを選んでくださいね!

「フランスベッド 介護ベッドシリーズ 高密度スプリングマットレス」は
暑さが12cmもあります。

十分な厚みなので、底つき感なく快適に眠ることができますよ!

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス