昔流行った低反発マットレスは腰痛によくないって本当?

昔流行った低反発のマットレス。今は「健康によくない」というのが常識

昔は健康にいいといわれていたものでも、時が経つと「健康に良くない」
「間違った常識」と言われるようになるのはよくあることです。

低反発マットレスもその中の一つで、昔は「柔らかいから体にいい」「腰痛にいい」
「寝たきりの老人にいい」と言われていました。

病室のマットレスをすべて低反発マットレスにかえた病院も珍しくなく、
「低反発=健康」にいいというのが常識でしたね。

しかし、今は低反発マットレスに対する見方がまったく違います。
低反発マットレスは健康によくないのです!

これを知らないで腰が痛いからと低反発マットレスに変えて、腰痛が悪化…。

病院へ行ったら高い治療費を払ってしばらく通い続けないといけなくなったという
人は少なくありません。

他にも、「低反発マットレスにしてから腰痛になった」「腰の調子が悪いから
低反発マットレスにしたら椎間板ヘルニアになった」という人もいるみたいです。

腰痛は寝具の質で症状が大きく変わります。
安易に低反発マットレスに変えない方がいいでしょう。

低反発マットレスが腰痛に悪い理由まとめ。どうして避けるべきなのか調査

低反発マットレスが腰痛に悪いと言われるのには、理由があります。
どうして避けるべきなのか調査してみました。

・腰が沈み込んで負担がかかる

低反発マットレスが腰痛によくないいちばんの理由はこれ。
柔らかすぎて横になったときに、いちばん重い腰が深く沈んでしまうのです。
その結果、腰に負担をかけて腰痛が悪化してしまいます。

・寝返りを打ちづらい

体が深く沈んでしまって寝返りが打てなくなります。
寝返りをうつたびに目が覚めて、熟睡できなくなってしまいます。
柔らかすぎると、寝ている間に身動きがとりにくいのです。

・通気性が悪い

低反発マットレスは柔らかすぎるので、空気が通る隙間がありません。
湿気と熱を放出できないので、蒸れてしまいます。
夏はかなり寝苦しいですよ。

・耐久性がない

とても柔らかい低反発マットレスは耐久性がありません。
使う人の体重にもよりますが、使い始めて1年経たないうちにへたってくることも
珍しくありません。

このように低反発マットレスには、腰痛に良くないポイントがたくさんあります。
買わない方がいいのも納得ですよね?

柔らかいものの方が腰痛にいい。この考えからが間違っている理由

腰痛になると「腰への負担がかからない柔らかいものがいい」とマットレスでも
クッションでも椅子でも、なんでも低反発にしてしまう人が少なくありません。

でも、本当に柔らかいものが腰にいいのでしょうか?

腰が痛くなったと気の状態を思い出してみましょう。
腰が丸まってかたまって、正しい座り姿勢や立ち姿勢が出来なくなっていませんか?

こんなとき「あー、腰伸ばしたい」とか「思いっきり、腰をそらせたいけど痛そうだな」
とか思いますよね。

つまり、腰が痛い時こそ腰をまっすぐにすることが必要なのです。
低反発では柔らかすぎて腰をまっすぐにすることができません。

反発力の高い、高反発なら腰を自然とまっすぐにしてくれます。

そして、腰の血行が良くなって古い血液や水分が流れ、新しい血液や水分が
いきわたって腰のコリがほぐれて痛みがやわらぐのです。

腰が痛くなった時の感覚を思い出せば、高反発マットレスの方が腰痛にいいのも
納得できます。

思いっきり腰をそらしてコリと痛みから解放される感じが寝るたびに味わえるので、
高反発マットレスは、腰痛の人にはとても快適ですよ!

私も以前は腰痛には低反発マットレスがいいだろうと思っていました。
しかし、実際に買って使ってみると、毎朝腰が固まった状態で起きることに・・・。

仕事に行く気にならなくなってしまうことも多く、いやいや出勤していました。
しかし、高反発マットレスにしてからは朝起きると腰が軽く、まっすぐ伸びています。

疲れも十分とれているので、仕事にも意欲的に取り組めるようになりました。
腰痛だけではなく、疲れやすい体質、無気力な気質にも効果がありますよ!

低反発マットレスが高反発マットレスよりも優れているところは?

腰痛にはかなりのデメリットがある低反発マットレスですが、高反発マットレスより
優れているところもあります。

まずは、バツグンの寝心地です。
本当に包み込まれるような優しい寝心地なので、寝始めはとても幸せです。

しかし、だんだん寝苦しくなって腰が痛くなってきます。
高反発マットレスは逆で最初は寝苦しいのですが、だんだん快適になってきます。

また、低反発マットレスは寝返りの回数を減らしてくれます。
寝返りのたびに起きてしまう人にはメリットになります。

しかし、寝返りが減りすぎて血行が悪くなります。
また、高反発マットレスは寝返りがしやすいので回数は減りませんが、熟睡できます。

このように低反発マットレスにもメリットがあるのですが、高反発マットレスの方が
メリットは多いです。やはり、腰痛には高反発マットレスのほうがいいですね!

腰痛で毎日過ごすのが大変だったり、仕事に行きたくない人、家事をしたくない人は
高反発マットレスを試してみてください。

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス