腰痛にいいマットレスは通気性もいい?マットレスが長持ちする?

腰痛にいいマットレスの通気性はどれくらい大切か調べてみた

腰痛の改善医は腰痛対策になるマットレスが最適。
腰痛にいいマットレスを長く使い続けることで、腰の調子がよくなります。

腰痛にいいマットレスを長く使い続けるためには、マットレスの通気性が大切。
通気性のいいマットレスじゃないと、湿気が溜まってマットレスがへたります。

マットレスに湿気が溜まりやすい原因は、人が寝ているときにかく寝汗の量。
人の寝汗の平均的な量を調べてみると、冬でも300mlだそうです!

夏にはもっと汗をかくのでコップ2杯分の汗をかくこともあります。
この量の汗が毎日マットレスにはしみこんでいるのです。

それをそのまま放出できないでいると、マットレスにどんどん湿気が溜まって
いきます。

マットレスの素材は基本的にウレタンという食器を洗うスポンジなので、
水分を吸収しやすいです。

水分を含んだウレタンはやわらかくなり、毎日その上に載って寝ていると、どんどん
へたってしまいます。

一度へたったマットレスはもとに戻すことができません。
捨てるしかなくなるので、へたる前に湿気をためないようにしましょう!

湿気をためないようにする方法は、通気性のいいマットレスを選ぶこと。
通気性が悪いと毎晩かく汗が放出されないからです。

腰痛にいいマットレスは基本的に通気性がいい

腰痛にいいマットレスは反発力が強いので、寝ていても体が沈み込みません。
これは、マットレスの密度が上がっていないということです。

人が寝ている時でも沈み込まず、密度が上がらないマットレスは基本的に通気性が
いいです。また、高反発なマットレスは分厚いので、通気性に配慮して作られています。
例えば、こんなものがあります。

・表面がでこぼこしている

寝る表面の部分が凸凹していることで、体とマットレスの間に隙間を作ります。
その隙間から湿気が放出されるので、マットレスにたまりません。

・サイドがメッシュ素材でできている

マットレスのサイドがメッシュ素材でできています。
マットレスにしみこんだ汗や湿気がサイドから放出されます。

・マットレス自体が通気性がいい素材でできている

ウレタンやエアロキューブなどの通気性がいい素材で、できています。
湿気がたまりにくく、へたりにくいです。

このように高反発なマットレスは通気性がバツグンです。

マットレスを湿気でだめにしないために、特別な対策をしなくても大丈夫。
通気性に配慮して作られているものを選べばいいだけです。

通気性が悪いマットレスの特徴を知って買わないようにする

通気性のいいマットレスの特徴がわかったところで今度は通気性の悪いマットレスの
特徴を知っておけば、通気性の悪いマットレスを買わずに済みますよ。

通気性の悪いマットレスの特徴をある人の体験談からまとめてみました。

・低反発のマットレス

低反発のマットレスは体が沈み込んで、包まれるような寝心地です。
しかし、寝返りがうちづらいので同じ場所で同じ姿勢で寝ることになります。
ウレタンが沈み込んで密度が高くなりやすいので、通気性が悪いです。

・空気が通過する孔がないマットレス

通販サイトで売られている激安高反発マットレスによくあるのですが、通気性を
一切考えないで作られているマットレスは、空気が通過する孔がありません。
当然、湿気がたまるのですぐにへたってしまいます。

・熱に弱いマットレス

熱に弱いマットレスは夏の熱帯夜に寝ているときに体温で溶けてしまう可能性が
あります。溶けてしまうと通気性も悪くなり、へたりますのでよくありません。

・重いマットレス

マットレスは寝具カバーを洗うたびに壁に立てかけて室内干しをします。
そして、上下、裏表を入れ替えながら使うのが長持ちさせるコツです。
重いマットレスだと、この手入れができません。

このようなマットレスを避けることで、マットレスを長持ちさせることができます。
腰痛を改善するためには状態がいいマットレスを長く使い続けるといいですので、
長持ちさせるのは大切ですよ!

通気性のいいマットレスとマットレスの通気性をあげる対策を紹介

腰痛の人は熟睡して体と心の疲れをとることがいちばんの治療法です。
そのためには寝ているときにかく汗を放出するマットレスがいいです。

通気性のいいマットレスにはエコラテや西川エアーがあります。
どちらも通気性に配慮して作られた商品です。

また、ジェルトロンマットレスは通気性がいいと有名。
コンピュータ測定でその人にあったマットレスを作ることができます。

通気性がいいマットレスは快適に眠れるので、無駄に動きません。
理想的な寝姿勢をキープできるから、腰痛もなりやすくなります。

そして、通気性があまり良くないマットレスを使っている場合は、乾燥剤をベッド
の下においたり、通気性のいいベッドパット、シーツを使いましょう。

コットン100%の寝具カバーは通気性が良く、肌触りもいいので快適ですよ!

私もコットン100%の寝具カバーを使っていますが、前の化学繊維のカバーよりも
肌触りがいいから、寝汗をかいても不快になりません。

熱帯夜でもさらさらした肌触りで、心地よく熟睡できていますよ。

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス