体圧分散のあるマットレスは腰痛にどれくらい効果がある?

体圧分散できるマットレスは腰痛にどんな効果がある?作用まとめ

体圧分散できるマットレスは、腰痛にどんな効果があるのでしょうか?
作用をまとめてみました。

まず、人が横に寝ているときは体重がこのようにかかっています。

・頭 8%
・背中 33%
・腰 44%
・ふくらはぎ 15%

体圧分散できないマットレスに寝ると、腰と背中が深く沈み込んでしまいます。
そうすると寝返りが打ちづらくなって、寝ている間ずっと同じ姿勢になります。

腰が深く沈んでしまうときは、腰の周りの血行が滞ってしまいます。
血行が滞ると血液や酸素、栄養が腰や背中周辺に届かなくなります。

栄養不足、血液不足、酸素不足になり痛みがしびれが出るのです。
耐圧分散できるマットレスを選べば、このような症状の心配が軽くなります。

体圧分散出来ないマットレスを避けて、体圧分散できるマットレスを選ぶには、
それぞれの特徴を知っておく必要があります。

〇体圧分散出来ないマットレス

・低反発のマットレス
・厚さ9cm以下の薄いマットレス
・15,000円以下の安いマットレス

〇体圧分散できるマットレスの特徴

・高反発マットレス
・厚さ10cm以上のマットレス
・16,000円以上のマットレス

このようにマットレス選びの基本をおさえておきましょう!

体圧分散マットレスで治らない腰痛がある!?治らない腰痛の特徴

体圧分散マットレスでは治らない腰痛があります。
どんな腰痛なのか、まとめてみました。

・椎間板ヘルニアになってしまった

腰痛は悪化すると様々な病気になります。
椎間板ヘルニアになったら、病院でしっかり治療してもらいましょう。

・スポーツまたは体を使う仕事中に腰を痛めた

この場合はただの腰痛ではなく、ぎっくり腰です。
ぎっくり腰と一口に言っても、腰の骨がずれている場合があるので病院でしっかり
治療をしてください。

そして、治療をしたうえで高反発マットレスで寝てくださいね。
腰痛をマットレスで改善するためには、自分の腰の状態をしっかり把握する必要が
あります。

間違った治療法をすると改善しようとしたのに、帰って悪化させてしまったという人は
少なくありません。

体圧分散できるマットレスを選ぶときに大切なこと

体圧分散できるマットレスを選ぶことで、その日の腰痛をその日のうちに治す
ことができます。

耐圧分散できるマットレスを選ぶ場合は、機能性も大切ですがもっと大切なものが
あります。

それは、「寝心地」です。
寝ているときは視覚が働かないので、嗅覚や触覚が敏感になります。

マットレスの寝心地が少しでもよくないと、寝苦しさを感じて熟睡できません。
疲れている状態だと起きてしまうこともあります。

ですので、寝具売り場で試しに寝てみて寝心地を確認してからマットレスは
選びましょう。

体圧分散できるマットレスには、ウレタン素材だけでできているものやコイルが
入っているもの、新素材でできているものなどがあります。

素材によって寝心地が変わってきますが、多くの人が寝心地がいいと感じている
のはウレタン素材のマットレスのようです。

寝返りのときに音がしないし、適度に柔らかい感じが好評です。
私もウレタン素材の高反発マットレスを使っていますが、とてもいいですよ!

両手で押すとやわらかくへこむのですが、寝ると体をしっかり持ち上げてくれて
少ししか体が沈み込みません。

このほどほどの硬さが、腰痛にはいいのです。
コイル入りや化学繊維の新素材では、ウレタンのような柔らかさがありません。

独特な質感で、快適に眠ることができますよ!

うつぶせ寝が癖になっている人は硬いマットレスが正解

腰痛を抱えている人の中にはうつぶせ寝が癖になっている人もいますよね?
この癖は良くないので治した方がいいです。

しかし、寝るときに自分の好きな寝姿勢じゃないと眠ることができません。
また、頑張って仰向けで寝ていても、起きるとうつ伏せ寝になっていることも!

こういう場合は、硬めの体圧分散マットレスにしましょう。
硬めで体がほとんど沈み込まないマットレスなら、うつぶせ寝でも大丈夫。

腰の部分が沈み込まないから、腰が反りません。
また、頭も沈まないから呼吸しやすいです。

このように体圧分散できるマットレスをえらぶことで、腰への負担を軽くできます。
腰痛改善するためには、体圧分散マットレスを選びましょう!

また、マットレス以外にも腰痛を改善する方法は、あります。
それは姿勢をよくすること。

寝ているときの姿勢はマットレスを変えないとよくすることができません。
しかし、起きているときの姿勢はこころがけでいくらでも変えられます。

いつも歩いているときの姿勢、電車を待っているときの姿勢、仕事中椅子に座って
いるときの姿勢を正すことで、腰痛は緩和されます。

イスに座っているときは正しい姿勢をキープするのが難しいですが、イスと机の隙間を
狭くして、イスに深く腰かけ、足を椅子の幅に広げれば正しい姿勢を保ちやすくなります。

私は前はよく椅子に座るときに足を組んでいたのですが、最近辞めました。
すると姿勢が悪くなりにくくなって、足の疲れも減りましたよ。

普段何気なくしている癖をなくすことで、腰痛は改善できます。

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス