背痛と腰痛がひどくて寝不足!マットレスで治すことはできる?

腰痛と背痛の原因を検証。寝ているときの姿勢が良くないから?

腰痛だけではなく背中が痛くなる背痛に悩んでいる人は、少なくありません。
ここでは、腰痛と背痛の原因と対処法を考えていきます。

まず腰痛の原因についてしらべてみると、「不明」であることがいちばん多いようです。
人は起きている時も寝ている時もどんな時でも腰を使います。

生きているうえで腰を使っていない瞬間はありません。
ですので、何が原因で腰痛が起こるのかが分からないのです。

そして、背痛にも同じことがいえます。

起きている時も寝ている時も背中は使うので、いつ何のきっかけで背痛になったか
は医師にもわからないのです。

ただ、腰痛と背痛両方になっている人は、姿勢の悪さが原因なことが多いです!

姿勢の悪さとは、起きているときの立ち姿勢、座り姿勢はもちろん、寝ているときの
寝姿勢の悪さも入っています。

起きているときの姿勢は気を付ければよくなりますけど、寝姿勢は意識仕様がない
ですよね?

そこで、自然と理想的な寝姿勢になるマットレスを使いましょう!
自然と理想的な寝姿勢になるマットレスは、「高反発マットレス」です。

寝たときに体が沈み込まないので、いちばん体重がかかる腰の部分が沈み込みません。
また、腰の次に体重がかかる背中にも負担がかからないから、痛くならないのです。

寝てい時の体重のかかる割合は、

・腰 約44%
・背中 約33%

体重50kgの人の場合は寝ている間腰に22kg、背中に16.5kgかかります。
寝ているときに寝姿勢が悪いと腰と背中に負担がかかるのは、当然ですよね?

マットレスを腰痛対策のものしなくても治る?横向き寝の効果

マットレスを「高反発マットレス」に変えれば、腰と背中への負担を軽くできます。
でも、マットレスをかったばっかりという場合は買い替えたくないですよね?

そこで、マットレスを買い替えずに腰痛と背痛を治す方法を調べてみました。
すると「横向き寝」がいいという口コミがありました。

でも、横向きに寝ても寝返りを打っているうちに仰向けになりますよね?
これでは腰と背中の負担を軽くできません。

また、背中と腰がマットレスに触れる部分が狭くなりますが、体重が横にかかるように
なります。

どちらかの腰や背中方だけが痛くなるというバランスの悪い状態になりますので、
横向き寝は、避けるようにしましょう!

座り仕事の人は腰痛と背痛になりやすい。どうやったら防げる?

デスクワークをしている人は、腰痛と背痛になりやすいです。
どうやったら、防ぐことができるのでしょうか?

デスクワークは腰痛と背痛になりやすいからといって、仕事を変えるわけには
いきませんよね?

そこで、「高反発マットレス」のほかにストレッチを取り入れてみましょう。
ストレッチをいってもとてもかんたんです。

〇腰痛と背痛を解消するストレッチ

・1 両手の中指の先を合わせて両膝をあげる
・2 足を肩幅に開いて息を吐きながらゆっくり上半身を180℃回転させる
・3 息を吸いながらゆっくり上半身を戻す
・4 息を吐きながらゆっくり上半身を180℃回転させる
・5 息を吸いながらゆっくり上半身を戻す

これを3セット繰り返すと、3回目には180℃以上上半身がねじれるようになります。
ポイントはゆっくりねじることと、無理をしないこと。

無理をするとぎっくり腰になる可能性があるので、ちょっと痛いなというところで
止めておきましょう。

このストレッチを毎日しているうちに、上半身がかなりねじれるようになって腰痛も
背痛も治っていきます。

腰痛と背痛は腰と背中の筋肉が凝って固まって、血行が悪くなることで起こります。

血管は周りの筋肉の動きで縮小して血液を流しているので、動いていないと血管が
縮小できず血液や酸素、栄養、水分を流せなくなります。

つまり、血液不足、酸欠の状態になっているから腰痛、背痛になるのです。
ストレッチをして動かせば、血液不足、酸欠の状態を解消できますよ!

高反発マットレスの素材はなんでもいいの?素材別の特徴を比較

腰痛と背痛には「高反発マットレス」とストレッチが効果的。
ストレッチの具体的な方法を紹介したので、「高反発マットレス」も具体的に紹介します。

「高反発マットレス」には様々な種類があります。
その特徴を比較してみました。

〇ウレタン素材のマットレス

・高反発マットレスでいちばん一般的なもの
・厚みが10cm以上あれば快適な寝心地
・寝返りのときに音がしない

〇コイルマットレス

・スプリングが敷きつめられているマットレス
・耐久性がある
・寝返りのときに音がうるさい
・スプリングが背中にあたるので寝心地がよくない

〇新素材のマットレス

・エアウィーヴやブレスエアーなどのポリエステル製の素材のマットレス
・カップラーメンのように入り組んだポリエステル繊維が体を支える
・熱に弱く耐久性が低い
・寝返りのときに音がうるさい
・寝心地はいい

このように「高反発マットレス」はウレタン素材のものがいいかと思います。
軽くて種類が豊富なので、好きなメーカーの商品を選びましょう!

私もマニフレックスのウレタン素材の「高反発マットレス」を使っていますが、
使い始めて1か月以内に腰痛が治って、半年たった今でも腰痛はないですよ。

とても快適なので、ぜひ寝具売り場などで寝心地をたしかめてみてください。

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス