コイルマットレスは腰痛にいいって本当?デメリットはない?

コイルマットレスは腰痛にいいって本当なのでしょうか?

コイルマットレスは、腰痛にいいって本当なのでしょうか?
ここでは、コイルマットレスの特徴や種類を調査してみました。

まず、コイルマットレスには3種類あります。
3種類のコイルマットレスの特徴をまとめてみました。

〇ボンネルコイルマットレス

・たくさんのコイルと寝る面の金属が入っているマットレス
・体を面でささえることと、耐久性に優れているのが特徴
・金属を多く使っているので寝返りを打つたびにギシギシいう
・硬めの寝心地なので体重が軽い人には向かない
・ダブルサイズなどで数人で寝るときに相手の寝返りの振動が伝わる

〇ポケットコイルマットレス

・たくさんのコイルが入っているマットレス
・コイル一つ一つが布で包まれているので柔らかい寝心地
・体を点で支えるから腰のカーブに沿って沈み込む
・かえって寝返りが打ちづらくなることがある
・ダブルサイズで数人で寝ても振動が伝わらない
・通気性が悪い
・腰の部分がへたりやすい

〇コイルマットレス

・たくさんのコイルが入っているマットレス
・布で包まれていないのでクッション性にかける
・ポケットコイルマットレスよりも通気性がいい
・数人でねても寝返りの振動が来ない
・点で支えるタイプのマットレス
・コイルが刺さっていたいという感想が多い

このようにコイルマットレスは布で包まれていないから、体に当たってしまい、
痛みを感じるようです。

3つの中で腰痛に一番向いているのは、ポケットコイルマットレスですね。
でも、へたりや通気性の悪さが気になります。

実際にポケットコイルマットレスを長期間使っている人の体験談を、調査しました。

コイルマットレスは長期間使い続けられない?体験談を調査

コイルマットレスは長期間使い続けられないのでしょうか?
実際の体験談を調査しました。

ポケットコイルマットレスは腰痛が治ると好評だったから、買ってみました。

毎日のデスクワークで腰痛がかなり悪化していてコルセットをまいてもつらい
状態だったから。

ニトリで実際に寝心地を確認して買ったのですが、使い始めて1か月もたたない
うちに腰痛が悪化してしまいました。

仰向けで寝る私は、乗った部分が沈むというポケットコイルマットレスの性質の
せいで、腰とお尻の部分が沈んでしまって、くの字になってしまうのです。

寝る前のベッドに寝転んだ状態で、「あれ?腰がすごい沈む」と腰に違和感を感じて
買ったことを後悔したのですが、やっぱり失敗だったようです。

このようにポケットコイルマットレス特有の部分的な沈みが、腰痛を悪化させて
しまう原因になるようです。

これはコイルマットレスにもいえることです。
部分的に沈む込むタイプのマットレスは腰痛改善には向かないみたいですね。

ボンネルコイルマットレスの方が腰痛にいい。実際に治った人もいる

ボンネルコイルマットレスの方が腰痛にいいのでしょうか?
実際に治った人もいるのか調査しました。

コイルマットレスの腰痛への効果を調べてみるときに、ボンネルコイルマットレスの
方が腰痛にいいという口コミがありました。

ボンネルコイルマットレスは面で体を支えてくるので、部分的な沈み込みがありません。
そして、通気性もいいので寝ているときの湿気がたまることもないのです。

弾力も反発力もあるマットレスだから、腰痛にはかなりの効果があるみたいですよ!

私の友達もボンネルコイルマットレスをつかっていますが、面で体を支えます。
腰がしっかり伸びて、寝ている間に腰が固まることがないそうです。

コイルマットレスよりも、ボンネルコイルマットレスの方が長持ちします。
腰痛への効果、通気性、耐久性を考えると、ボンネルコイルマットレスがいいで
しょう。

体重が軽い人ならコイルマットレスでも大丈夫?コイルマットレスが合う体重

体が沈み込んでしまうコイルマットレスは、腰痛が悪化する可能性大!
でも、体重が軽い人なら大丈夫じゃないかと思い、調べてみました。

すると、体重55kgの男性がコイルマットレスを試してみた体験談を発見。
それによると、「体重が55kgの僕でも腰の部分が沈んだ」とのことでした。

男性で体重55kgというとかなり軽い方だと思いますが、それでも沈んでしまう
みたいですね。

体重90kgの私が寝たら、かなり沈み込むことが推測できます。

つまり、コイルマットレスを使っても平気なのは、「体重が軽い女性」「子供」
ということになりますね。

腰痛を改善するためには、自分の体形に合っているマットレスを選びましょう!

・コイルマットレス、ポケットコイルマットレスは体重50kg以下の女性、子供
・ボンネルコイルマットレスは体重50kg以上の女性、男性

自分の体重に当てはめて、マットレスを決めてください。

また、長身で体重がかるいヒョロっとしている体系の男性はボンネルコイル
マットレスだと腰が浮いてしまいます。

腰痛が悪化するので、コイルマットレスかポケットコイルマットレスがいいで
しょう。

コイルマットレスは腰痛を悪化させるという記事が多くありますが、体系によっては
腰痛改善にもなりますよ!

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス