クイーンサイズのマットレスは腰痛にいい?悪い?体験談を調査

クイーンサイズのマットレスを買った人たちの体験談

クイーンサイズのマットレスはなかなか買う人がいません。
周りの人に買った感想を聞いてから買いたいですが、それもできませんよね?

そこで、ここではクイーンサイズのマットレスを買った人たちの体験談を
集めてみました。

みんなクイーンサイズのマットレスに満足しているのでしょうか?

・ぐっすり眠れるから疲れがきちんととれていい
・家族3人で川の字で寝てる
・夫婦で寝ているけど寝返りとかが気にならない
・クイーンサイズのマットレス、とても気に入ってます

このようにクイーンサイズのマットレスを買ったことを後悔している人はいません
でした。でも、クイーンサイズのマットレスは買うときが問題なのです!

クイーンサイズのマットレスは高いし、大きいから買うのにハードルが高いですよね?
そこで、クイーンサイズのマットレスを買いやすくする方法を検討してみました。

クイーンサイズのマットレスを買うのに抵抗がある。そんな時の対処法

クイーンサイズのマットレスが欲しいけど、買うのに抵抗がある場合はある対処法を
試してみるといいでしょう。

・お試しできるマットレスを選ぶ

寝具屋さんで数日間マットレスを試せるお店やマットレスメーカーで一定期間
マットレスをお試しできるところがあります。
そういうサービスを活用して、クイーンサイズのマットレスを買うか決めましょう。

・シングスサイズのマットレスを2つ買う

クイーンサイズは幅160㎝なので、幅80㎝のシングルサイズ2つ分。
そこで、シングルサイズのマットレスを2つ買って並べて使いましょう。
搬入も楽ですし、上下、裏表の入れ替えも楽ですよ!

このように、クイーンサイズのマットレスを買うのに抵抗がある人でも挑戦しやすい
方法はたくさんあります。

私の友達はクイーンサイズのマットレスを買う前にお試しを利用したそうです。

実際に寝てみると、サイズがクイーンでもシングルでもあまり変わらないことが
分かって抵抗なく眠れると思い、購入しました。

しかし、買ってから分かったらしいのですが、マットレスの入れ変えが本当に
大変だといいます。

マットレスは定期的に上下、裏表を入れ替えないと、同じところに負荷がかかって
へたり始めます。

ですので、入れ替えは必須なのですが、クイーンサイズのマットレスはそれは大変。
これが原因でマットレスの入れ替えをしなくなる人もいるようです。

マットレスの入れ替えをしなくなるとどうなる?腰痛になるの?

マットレスの入れ替えをしなくなると、どうなるのでしょうか?
腰痛になったり、肩こりが起こったりするのか調査してみました。

クイーンサイズのマットレスを使っていると、大きいし重いので、入れ替えが面倒。
ついつい先延ばしにして、そのうち「しなくていいや」とあきらめてしまいます。

しかし、こうなるといちばん体重がかかる腰の部分からマットレスがへたります。

へたったマットレスにずっと寝ていると、腰が沈み込んでしまい、どんどん血行が
悪くなってしまいます。

その結果、腰痛になってしまうのです!
クイーンサイズのマットレスは腰痛になりやすいというのは、これが原因ですね。

クイーンサイズでもシングルサイズでも中心に人が寝なければ問題ありません。
夫婦やカップルで寝る場合は、シングルを2つ使う方法も考えてみてください。

意外とメリットが多い!?シングルサイズを2つ並べる方法

クイーンサイズのマットレスを選ぶよりもシングルサイズを2つ並べる方が
意外とメリットが多いです。

・相手の寝返りが伝わらない

夫婦やカップルでクイーンサイズを使う場合、シンブルサイズを2つ並べれば
寝返りが伝わらないので、快適に眠ることができます。

・ケンカしたらベッドを離すことができる

二人で生活しているとケンカをすることもありますよね?
そんなときはベッドを離して眠ることができるので、イライラがたまりません。

・引っ越しやライフスタイルの変化に合わせることができる

引っ越した先の寝室が狭かった場合、クイーンサイズのベッドははいりません。
こんな時、シンブルベッドを並べて使っていれば別々の部屋で眠れます。
ライフスタイルの変化に合わせられるのは、かなりのメリットですね。

このようにシングルサイズのベッドを並べて使うことには、メリットが多いです。
またシングルサイズのマットレスは、クイーンサイスのマットレスよりも商品が多いです。

カバー類も種類が豊富なので、自分の好きなものを選べますよ。

腰痛を改善するために入れ替えもしやすいので、クイーンサイズにこだわる必要は
ないかと思います。

また、マットレスを長持ちさせるために朝起きたら必ず掛け布団を半分めくって
通気性をよくしておきましょう!

マットレスは湿気が大敵なので、乾燥させてください。
湿気が多い寝室の場合は、ベッドの下に乾燥剤を置いてもいいですね。

最近は湿気取りシートも発売されているので、こうした商品を使うのもいいです。
湿気取りシートもシングルサイズの方が多いので、買いやすいですよ!

シングルサイズのマットレスは、クイーンサイズのマットレスよりも扱いやすいです。

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス