マットレスはキングサイズだと腰痛になりやすいって本当?

キングサイズのマットレスが腰痛になりやすい?

日本で販売されているマットレスはシングルサイズ~ダブルサイズが主流。
クイーンサイズやキングサイズは、ほとんど見かけません。

でも、最近は家族3人でキングサイズのベッドに寝るのが流行っています。
昔の「和室で川の字で寝る」の洋室版といったところでしょうか?

家族3人でキングサイズのベッドに寝る場合、問題なのはバッド選びと
マットレス選びです。

とくに寝心地に直接影響するマットレス選びは絶対に失敗しなくないですよね。
そこで、キングサイズのマットレスの気を付けた方がいいポイントをまとめて
みました。

まず、キングサイズのマットレスについて調べてみると、「腰痛になりやすい」
という記事が出てきました。

どうして腰痛になりやすいのでしょうか?

・マットレスの中心がへたりやすいから

キングサイズのマットレスは正方形です。
幅がとても広いので、中心の部分にかかる負担が大きくなります。
そして、へたりやすくなってしまうのです。

・家族3人で寝ていていると思うように寝返りが打てないから

寝返りは寝ているときに血行が悪くならないように行う大切なものです。
家族3人で同じベッドで寝ていると寝返りは打ちづらいですよね?
その結果、寝ているときの血行が悪くなり、腰痛になるのです。

・一緒に寝ている人の寝返りの振動が気になって熟睡できないから

キングサイズのマットレスで家族3人でも、パートナーと2人でも一緒に寝ていると
相手の寝返りが気になってしまいます。
熟睡できないので、疲れがたまり腰痛になってしまいます。

このようにキングサイズのマットレスは、腰痛になりやすい条件がそろっているのです。
では、どうすれば腰痛にならないで済むのでしょうか?

キングサイズのマットレスで腰痛にならないようにするためには?

腰痛になりやすいキングサイズのマットレス。
腰痛にならずにキングサイズのマットレスを使うにはどうすればいいのでしょうか?

・マットレスの入れ替えをこまめにする

マットレスは上下、裏表をこまめに入れ替えるとへたらず長持ちします。
キングサイズのマットレスは1週間に1回、入れ替えをしましょう。
ただ、かなりの大きさなので重労働になります。

・寝具カバーをこまめに洗濯する

マットレスの大敵は湿気。
寝具カバーをこまめに洗濯すれば、湿気がたまらずへたりません。
腰痛も予防できますよ!

・ベッドをすのこベッドにする

通気性を高めるためにキングサイズのベッドをすのこベッドにしましょう。
裏面全体で湿気を逃がすことができるので、かなりの効果があります。

・子供に飛び跳ねたりさせない

大きなベッドは子供が大好きなもの。
テンションが上がってベッドの上でぴょんぴょんしてしまいますが、辞めさせま
しょう。飛び跳ねるとへたりがはやくなります。

このようにキングサイズのマットレスで腰痛にならないようにするには、とにかく湿気を
逃がすことと、へたらせないことが大切です。

キングサイズのマットレスは、搬入も手入れも引っ越しも大変

キングサイズのマットレスは日本の狭い住宅に、向いていません。
かなり扱いが大変なので、やめた方がいいかもしれません。

まずキングサイズを購入するところから、その大変さははじまります。
取り扱っているメーカーが少ないから選択肢があまりないのです。

どうにか好みのキングサイズのマットレスを見つけても、今度は搬入が大変。
部屋のドアを外したり、家具をどけたりすることもあります。

さらに、搬入後はベッドパットやシーツなどの寝具カバーをつけるのも大変。
その寝具カバーを洗って干すのも一苦労です。

また、引っ越しをするときも寝室が広いところを探さないといけないので、
またまた大変な思いをします。

ここまで大変な思いをしてまでキングサイズのベッド・マットレスを買う必要が
あるのか考えてから買いましょう!

大変だからキングサイズを辞めたい。でも広いベッドが欲しい場合は?

キングサイズのマットレスはなにからなにまで本当に大変。
「買うのやめよう・・・」と思っても、広いベッドが欲しい場合はありますよね?

そういう場合は、こんな方法を選んでみてください。

・シングルサイズのベッドとマットレスを2つ並べて使う

2人か4人でキングサイズで寝る場合、ベッドボードがないベッドか直線的なデザインの
ベッドボードのベッドを選んで、隙間なく並べればキングサイズになります。
搬入から手入れまで楽になるので、いいですよ。

・セミシングルとセミダブルのベッドとマットレスを並べて使う

1人か3人で寝る場合は、セミダブルとセミシングルを隙間なく並べましょう。
こちらも搬入から手入れまで楽になります。

キングサイズのマットレスはシモンズや東京西川などの高級メーカーの商品じゃ
ないとすぐにへたります。

シモンズのキングサイズは30万円以上、東京西川は10万円前後と高額。
シングルならシモンズは14万円前後、東京西川は4万円前後です。

シングル2つの方が1~2万円安く買えるので、節約にもなりますね!

私の知り合いで家族3人でキングサイズのベッドに寝ている人は、セミシングルと
セミダブルを並べて寝ています。

マットレスのつなぎ目が真ん中で寝ている子どもの体に当たらないので、快適に
眠れているそうですよ!

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス