正しいマットレスの選び方は?腰痛に重要なポイントは?

■マットレスをサイズで選ばないようにしよう

マットレスを選ぶときにベットのサイズを測っていく人は、少なくありません。
しかし、サイズを基準にするのは間違ったマットレスの選び方なのです。

  • サイズが多少小さくても大きくても寝ている間にずれることはない
  • 正しい選び方はマットレスは寝ているときの圧力分散性の高さを基準にする

マットレスをサイズで選ぶ理由は、「寝ている間にマットレスがずれたら熟睡
できないから」だと思います。

しかし、寝ている間はマットレスに体が乗っているので寝返りを打っただけで
ずれることはまずありません。

マットレスそのものにある程度の重さがありますし、その上に人が乗っているので
それだけで固定されて動かないのです。

私の友人は、女性一人でも簡単に持ち運べるくらい軽いマットレスを使っていて、
ベッドよりも少し小さいサイズです。

しかし、使い始めて4か月がたちますが、寝ているときに気になるほどずれたことが
なく、マットレスの位置を直したのは1度だけです。

そのときも、ベッドの上の方に隙間があり、下にマットレスが2cm程度はみ出て
いたので軽く押して直しました。

マットレスをベッドとぴったり同じサイズにしなくても、ずれる心配はありません。

それよりもマットレスの本来の役割である、寝ているときの圧力分散をしっかり
してくれるかどうかで選びましょう!

■マットレスは支持性があるかどうかで選ぼう!

マットレスを選ぶときに喜寿運となる体圧分散性。
この体圧分散性があるのは、支持性のあるマットレスです。

  • 日本人は体幹が弱いのでしっかり支える支持性が必要
  • 体をしっかり支持することで体圧がバランスよく分散される

日本人は欧米人に比べて体幹が弱いです。

つまり、支持性のない和らないマットレスだと、体がだらんと沈んでしまい、
日中起きているときのように姿勢を正せないのです。

寝たときにもっとも負担が大きくなるのは腰で、次が肩の下の部分です。
支持性のないマットレスだと腰と胃が沈み込んで、Wの形になります。

このため腰痛を起こしたり、肩こりを起こしたりするのです。

特に腰が落ち込むと、お尻の下にある仙骨と第5腰椎を結ぶ角度が開いてしまい、
間にある椎間板が広がっている状態が続きます。

椎間板に圧力が加わると周りの筋肉にも負担がかかるので、腰痛になります。

支持性のあるマットレスなら体がまっすぐな状態なので、腰と肩の下が落ち込ま
ず、負担が軽くなります。

負担が軽いということは、体圧分散がバランスよくできているということ。
腰痛を改善するためには、支持性のあるマットレスを選びましょう!

■支持性が強すぎるとかえって腰痛を悪化させる

支持性のあるマットレスは、体圧をバランスよく分散します。
しかし、支持性がありすぎるとかえって体圧がお尻と肩の下に集中してします。

  • 腰が浮いてしまい、お尻と肩の下に圧力がかかってしまう
  • 支持性が高く柔軟性もあるマットレスを選ぼう

支持性がありすぎると、腰の部分とふくらはぎの部分が浮いてしまいます。
その結果、お尻と肩の下に体圧が集中してしまうのです。

これでは腰痛を悪化させるどころか血流不足を招くことになります。
マットレスは支持性があれば良いというわけではないのです。

本当に腰痛に良いマットレスは支持性が高く、適度に柔軟性のあるもの。
標準より少し固めのものが効果的です。

■横になっているときは部位によって必要な機能が違う

人が立っているときは、ほとんどまっすぐの状態です。
寝ているときもこの状態が理想なので、支持性と柔軟性が必要となります。

  • 首、腰、膝の裏、足首は支持性が必要
  • 肩の下、お尻、ふくらはぎは吸収性が必要

首、腰、膝の裏、足首は落ち込むと血行が悪くなるので、支持性が必要です。
肩の下、お尻、ふくらはぎは持ち上げられると血行が悪くなるので吸収性が必要。

このように、体の部位によって必要な機能は違います。
支持性、吸収性、両方があるマットレスが腰痛にいいのは、このためです。

では、支持性と吸収性、両方あるマットレスは、どんな商品なのでしょうか?

○エムリリー

・優反発と高反発2層構造になっている
・優反発の面は支持性と吸収性があり、適度に体を支える
・1枚のマットレスで2種類の硬さがあるので、その日の調子によって変えられる

2層構造のマットレスは、その日の調子や好みによって硬さを変えることができるの
で、フレキシブルに使えます。

エムリリーの優反発は、高反発と低反発のメリットを合わせたもので、横から見た
ときに寝姿勢がまっすぐになっています。

こうしたマットレスなら腰痛を治すことができますし、肩こりなどの他の不調も
改善できますよ!

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス