ポケットコイルの硬めマットレスを買うときのポイントは?

■ポケットコイルマットレスを買うなら?

ポケットコイルマットレスは、コイルひとつひとつを布で包んでいる
構造が特徴ですが、どんな人に向いているのでしょうか?

  • 肥満体系の人や硬めの寝心地が好きな人
  • 耐久性と硬さがかなりあるなので、女性にはあまり向いていない

ポケットコイルマットレスは、高い耐久性と硬さがあるマットレス。

とてもしっかりしたつくりなので、大柄な男性や肥満体系の人に
向いているマットレスといえます。

また、硬めの寝心地が好きな人にも向いているのですが、小柄な
人や細身の人、主に女性には向いていません。

その理由は、ポケットコイルマットレスが硬すぎて体に負担をかけて
しまうから。

女性や細身の人には不必要な硬さといえます。

硬すぎると血液循環が妨げられますし、かえって腰痛を悪化させる
ことになってしまいます。

ポケットコイルマットレスは無印良品やニトリなどでも取り扱って
いるので、試しに寝てみてください。

そして、実際に寝て感じたマットレスの硬さが自分の好きな硬さか
確認をしてみましょう!

■ポケットコイルマットレスの特徴

ポケットコイルマットレスは、ウレタン製の高反発マットレスにはない
特徴があります。どういった特徴なのでしょうか?

  • ポケットコイルマットレスは点で支える
  • 横向きに寝たときでも寝姿勢をキープできる

ポケットコイルマットレスは、面で支えるウレタン製のマットレスと
違い、点で支える構造です。

つまり、体系や体に向きに応じて、沈んだ方が良いところは沈み
浮き上がって体を支えた方が良いところは浮き上がるのです。

このおかげで、横向きに寝たときでも寝姿勢をキープすることが
できるのです。

体の凹凸に合わせて点で凹凸を作ってくれるのが、ポケットコイル
マットレス最大のメリットですね。

横向きで寝るのが好きな人にも、ポケットコイルマットレスは向いて
いますよ。

また、寝返りを打つと今まで寝ていた部分のコイルがすぐに浮くので
へたりにくいです。

■ボンネルコイルとポケットコイルマットレスの違いは?

では、ここからはボンネルコイルとポケットコイルマットレスの違いに
ついて考えていきましょう。

  • ボンネルコイルはバネひとつひとつが独立していない
  • 体を面で支えるので、体の凹凸にはフィットしない

ボンネルコイルマットレスは、ポケットコイルマットレスと同じように
金属のコイルがマットレスの中に入っています。

しかし、ポケットコイルマットレスと違いコイル一つ一つが独立して
いないのです。

そのため、体の凹凸に合わせて部分的に浮き沈みをすることが
なく、体にフィットするような寝心地もありません。

ですので、ボンネルコイルマットレスは、腰痛改善には劇的な
効果を発揮しないでしょう。

体が沈み込まないというメリットはありますが、平面で支えるので、
全身の筋肉が緊張してる状態となります。

リラックスして眠ることができるのは、ポケットコイルマットレスです。

私の友人が以前、ボンネルコイルマットレスで寝ていたのですが、
体を平面で支えるので、腰の部分が浮いてしまっていたそうです。

その浮いている状態を解消するために、腰まくらを購入し、
腰への負担を軽くしたそうです。

しかし、寝ている間中ずっと腰が不自然に沿っている状態になる
腰まくらは、腰痛をさらに悪化させてしまったといいます。

結局、今はボンネルコイルマットレスをポケットコイルマットレスに
変更して、快適に寝ている方です。

ポケットコイルマットレスは、コイルが布に包まれているので、寝返り
の時の金属音が小さいというメリットがあります。

ですが、その分通気性が悪く夏は熱気が下から上がってくると言い
ます。

ポケットコイルマットレスにするなら、ベッドはすのこベッドがよいで
しょう。

天然木のすのこベッドなら、湿気を吸収してくれますよ!

■ポケットコイルマットレスのメーカーは?

ポケットコイルマットレスのメーカーを、チェックしてみましょう。
メーカーごとに、どんな違いがあるのでしょうか?

○シモンズ

・バネが平行配列されていて、揺れないのが特徴
・リーズナブルなラインにはクッション材が入っていない
・寝返りが打ちやすい

○サータ

・バネの配列がシリーズごとに違う
・クッション材の量が多い
・体を包むことを重視しているので、寝心地が良い

○日本製のポケットコイルマットレス

・バネが小さく交互配列している
・コイル同士が密着しているので、通気性が悪い
・バネの独立性も少ない
・耐久性は高い

このようにメーカーごとに違いがあるので、自分が良いと思った
条件のメーカーを選びましょう!

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス