おすすめの硬さのベッドマットは?腰痛持ち向けはどれ?

■腰痛持ちにおすすめのベッドマットの硬さとは?

腰痛持ちの人は、マットレスの上に敷くベッドマットを選ぶとき、
どれくらいの硬さにすればいいのでしょうか?

  • ベッドマットは柔らかく、マットレスは硬いものが理想
  • 吸水性があり、通気性がいい素材のものを選ぼう

ベッドマット自体はマットレスほどの厚みがないため、それだけで
寝心地や体への影響は決まりません。

ベッドマットは、あくまでもマットレスとセットで使うものです。
ですので、マットレスも込みで選ぶようにしてください。

まず、腰痛に悩んでいる人には、しっかり体を支えてくれる硬めの
マットレスが向いています。

そして、その上に敷くベッドマットは柔らかいものが良いでしょう。

ベッドマットには、いろいろな厚さがありますが3cm以下のもので
下のマットレスの体への良い効果を妨げないものにしてください。

また、ベッドマットの素材にもいろいろなものがありますが、
マットレスがウレタン製なら、ウレタン製のものと合わせてください。

■腰痛持ちにおすすめのマットレスの硬さとは?

腰痛を抱えている人のベッドマットの硬さは、柔らかめが良いです。
しかし、マットレスは硬めを選んで、腰痛を改善しましょう!

  • 寝返りが打ちやすく、背骨をまっすぐにする硬いマットレスがよい
  • ニュートン数でいうと100~180ニュートン

腰痛に良い硬さのマットレスは、高反発のものです。

高反発マットレスについて調べてみると、マットレスの素材である
ウレタンの硬さはニュートンという単位で表されるようです。

具体的には

・60ニュートン未満 低反発マットレス
・60~100ニュートン 普通のマットレス
・100ニュートン以上 高反発マットレス

というふうになっています。

つまり、100ニュートン以上のマットレスで寝ることで、腰痛は改善
されるのです。

100ニュートン以上の硬さがあるマットレスであれば、寝返りが
打ちやすく、背骨もまっすぐな状態をキープできます。

腰痛持ちによいマットレスの硬さは100ニュートン以上!

女性なら100~140ニュートン、男性なら160~180ニュートンが
よいでしょう。

私は身長180cm、体重90kgの大柄な男なので、マットレスは
180ニュートンを使用しています。

重い腰の部分も沈み込みすぎることなく、寝ている感じで体が
ほとんどまっすぐになっているのがわかります。

朝起きると、腰が軽くそれまでは両手をマットレスについて恐る恐る
起き上がっていたのですが、今はさっと起き上がれます。

また、ベッドから起き上がって腰に両手を当てて、伸びをする習慣
がいつの間にか、なりなりました。

腰痛持ちだったころは、伸びをしないと自然に歩けない感じでした
が、今は伸びをしなくても自然に歩いたり、座ったりができます。

腰痛がひどい人は、マットレスを硬めのものに変えてみてください。
きっと、調子が良くなりますよ!

■ベッドマットは本当に必要?

寝心地にこだわりを持っている人は、マットレスの上にベッドマットを
敷いて寝ていますが、本当にベッドマットは必要なのでしょうか?

  • 体に合っているマットレスとベッドパット、シーツだけでOK
  • 寝心地が悪いマットレスは買い替えをしよう

ベッドマットはマットレスの上に敷いて使うものですが、実はあまり
必要ではありません。

ですので、体に合っている硬さのマットレスと、ベッドパット、そして
シーツだけで十分、腰痛を解消できる睡眠環境が整います。

よく古くなったマットレスがもったいないからと、その上にベッドマット
を敷いて使っている人もいますが、よくありません。

寝心地は一番下に敷いてあるものに左右されるもの。

上に自分にあっている硬さのベッドマットを敷いても、寝心地は改善
されないのです。

ですので、寝心地の悪いマットレスやコイルが出てしまっている
マットレス、自分のからあに合わないマットレスは買い替えましょう。

■エアウィーブは値段の割に寝心地が良くない?

ベッドマットでもっとも有名なメーカーといえばエアウィーブですが、
実はエアウィーブは値段に不釣り合いな寝心地なのです。

エアウィーブ自体は、シングルサイズでも8万円くらいします。
8万円というとマットレスでも、かなりの高級なものが買える値段。

この値段を払って買う割に、エアウィーブは寝心地があまりよくない
のです。

その原因は、薄さにあります。

エアウィーブはベッドマットなので薄いのですが、薄いマットでは
底つき感があり、快適な寝心地を実現できないのです。

また、特殊な素材でできているので、熱に弱く、夏場、車のトランク
に入れっぱなしにしていたら、溶けてしまったという口コミも!

だったら、4万円台の有名メーカーの高反発マットレスを購入した
方が安いですし、寝心地も快適ですよ。

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス