140ニュートンの高反発マットレスの寝心地は?激安が多い?

■140ニュートンの反発力は「やや硬め」程度?

ウレタン性の高反発マットレスを購入する場合は、そのウレタンの密度、
反発力がとても大切ですが、140ニュートンの場合はどうなのでしょう?

  • 140ニュートンはやや硬め程度で、高反発というほど硬くない
  • 低反発マットレスよりも硬ければ、「高反発」ということになる

ウレタンの反発力を示すニュートンで、「140ニュートン」という数値は、
実は「やや硬め」程度と、かなり高反発とは言えない硬さです。

にもかかわらず、高反発マットレスという表記がされているのは、こんな
事情があります。

低反発マットレスには、「反発弾性率15%以下であること」というJIS
規格がしっかりと制定されています。

一方、高反発マットレスの規格・基準について調査をしてみても、
何も出てこないのです。

つまり、高反発マットレスは「反発弾性率15%」以上のマットレスで
あればどんな反発力でも、「高反発マットレス」ということになります。

「反発弾性率15%」をニュートン数に置き換えると、60ニュートンである
ことが分かりました。

つまり、140ニュートンは低反発マットレスに比べて倍以上の反発力が
あるものの、硬いとまでは言えない反発力のようです。

■140ニュートンの寝心地はどんな感じ?

140ニュートンの高反発マットレスは、「やや硬い」程度の反発性。
しかし、これは女性にとってちょうどいい硬さのようです。

  • 身体がスッと伸びて、長時間寝た後も疲れが来ない
  • 95kgの男の自分が寝ても、身体が浮いているように感じる

やや硬い程度の高反発マットレスでは、健康への効果なども弱いの
では?と思ってしまいますが、実はちょうどいい硬さなのです。

140ニュートンという硬さは、女性でも硬すぎず心地いいと感じる硬さで
男性でも身体をしっかりと支えてくれる硬さ。

夫婦やカップルで高反発マットレスのセミダブルサイズやダブルサイズ
を使用する際に、男女とも快適と感じることができるのです!

140ニュートンの高反発マットレスの寝心地を調査してみると・・・

・身体がスッと伸びて、長時間寝た後も疲れず、寝起きがすっきり!
・95kgの男の自分が寝ても、身体が浮いているように感じるので楽
・マットレスはいいが、枕を低くしないと首がこる
・横向きに寝ても寝やすい高反発マットレス

このような結果となりました。

反発力の高いマットレスは、腰や肩の部分が沈みこまずに身体が自然
にまっすぐになります。

ですので、枕の高さが高すぎると、頭だけが持ち上がっている状態に
なり、肩こり、首こりになります。

そうならないためにも高反発マットレスにかえたら、枕は低くするように
してください。

また、高反発アットレスは硬すぎて横向きに寝ると、肩の部分が沈まず
に寝苦しいということが良く起こります。

140ニュートンの硬さであれば、肩が適度に沈み込んでくれるので、
横向きでも寝やすいです!

■140ニュートンの高反発マットレスに激安品が多い理由

140ニュートンの高反発マットレスには、激安品が多く存在します。
どうして、多いのでしょうか?

  • 実際は140ニュートン以下のマットレスが多い
  • ニュートン数に対する認識が浸透していないため

実は、140ニュートンはやや硬めの寝心地ということは、世間一般には
あまり浸透していないのです。

つまり、140ニュートンと表記して、実際はもっとニュートン数が少なく
ても、誤魔化せることが出来ます。

イメージよりも柔らかかったとしても「140ニュートンでこんな硬さなんだ」
と、納得してしまう人が多いのです。

・柔らかいマットレス 60ニュートン
・普通の硬さのマットレス 70~90ニュートン
・硬めのマットレス 100ニュートン以上

という基礎知識を、しっかり持っておきましょう!

そうすれば、140ニュートンと表記してあるのに、やわらかすぎた時に
すぐに気が付くことが出来ます。

■ニュートン数が分からない時は?

高反発マットレスの品質を判断するのに、役立つニュートン数ですが、
ニュートン数の表記がない場合は、他のポイントで判断をしてください。

私は、最初、厚さ4cmの薄型の高反発マットレスを購入してしまったの
ですが、結局はすぐにダメになりました。

その理由は、いい高反発マットレスは、厚さ10cm以上だから。

それを知らずに購入してしまい、すぐに捨てる羽目になったのです。

ニュートン数以外で高反発マットレスの品質を判断するなら、
厚さ10cm、価格シングルでも15,000円以上を目安にしてください!

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス