スプリングかウレタンか。15cmの高反発マットレスでいいのは?

■15cmの厚さの高反発マットレスに合っている素材は?

高反発マットレスには、ウレタン素材のものと、スプリングが入っている
ものがあります。厚さが15cmの場合は、どちらがいいのでしょうか?

  • スプリング入りだと、耐久性と反発力が高くなる
  • ウレタンだと、通気性が高くなるので、どちらにもメリットはある

マットレスの構造として、もっとも一般的なスプリングマットレスは、マット
レスの中にコイルが複数入っている構造。

このコイルの働きにより、身体をしっかり支えて、マットレスがへたるのを
防いでくれているのですが、これが寝返りの時に騒音になります。

小さい音でギシギシ言うだけなのですが、この音は寝ている時に下から
聞こえてくると、かなり耳障り。

寝返りの度に起きてしまう人も多いのです。
一方のウレタン素材の高反発マットレスは、食器用スポンジと同じ作り。

金属コイルは一切入っていないので、寝返りの度にギシギシいうことが
ありません!

また、通気性もウレタンの方が空気の通り道が複雑に入り組んで、
全体にまんべんなく行き届いているので、優れています。

スプリングは、ウレタンやポリエチレンに金属なので、空気の通り道が
確保されていないのです。

安眠妨害にならないので、熟睡できるという口コミを多く見かけます。

マットレスのギシギシ音が気になる人・通気性を重視するなら、ウレタン
がよいですよ!

■厚さが15cmあったら、ソファー代わりになる?

最近は一人暮らしなどで、シンプルなベッドを昼間にソファーとして使用
している人がいます。厚さ15cmあれば、ソファーとしても活用できます!

  • 硬めのソファーになるので、長時間座っていても疲れない
  • 昼間はソファー、夜菜ベッドと1日中使用していてもへたる心配がない

高反発マットレスは、その高い反発力でしっかり体を支えてくれるので、
硬めのソファーとして使っても、快適です。

ソファーに座っている姿勢は、正しいすわり姿勢とはかけ離れたもので、
腰や肩にかなりの負担がかかります。

これを支える力が弱いソファーで続けてしまうと腰痛・肩こりの原因に!

ですので、ベッドをソファーとして使用することを考えている場合は、
硬めが最適なのです。

硬いソファーは座っていると、自然と正しいすわり姿勢になっていきます。

無理に正しい姿勢をキープしているわけではないので、長時間座って
いても疲れないのです。

また、耐久性のある高反発マットレスなので、ソファーとベッドという2つ
の役割を担っても、へたりがきません。

■膝をついた時にバキッと言うマットレスの原因

ベッドは、ただ寝たり座ったりするだけではなく、膝をついてものをとったり、
窓を開けたりすることがあります。その時にバキッと言う理由は?

  • 膝をついた時にバキッと言うのは、金属が入っているから
  • すでにへたっていて、コイルが正しく伸縮しないから

膝をつくという行動は、マットレスの一か所に集中的に圧力がかかり、
マットレスに局部的に負担がかかります。

すると、その部分のコイルがギュッと圧縮されることで、バキッと言うの
です。

通常はコイルは、局部的に負担がかかってもバキッと言うことはめった
にないのです。

何かのはずみでマットレスがバキッと、頻繁に言うようであれば、コイル
が傷んでいる、もしくはマットレスがへたっている可能性が高いです。

バキッと言わなくする方法は、マットレスを壁に立てかけて、空気の通り
をよくして、少しでも状態をよくしてください。

これでも治らない場合は、買い替える必要があります。

■15cmのウレタン高反発マットレスの価格とは?

高反発アットレスの価格は、商品ごとにかなりの開きがあります。
適正価格を知っておきましょう。

私は、最初に高反発マットレスを購入した時に「とりあえず安い物でいい
か」と激安の5,000円代の商品を購入しました。

そして、1か月もたたずにダメにしたのです。

その後、4万円代のものを購入したら、半年間一切へたらずに快適に
使用出来ています。

しかし、実は2万円代でも十分良質な高反発マットレスがあったことを
最近知りました。

このような失敗をしないように、事前に価格を知っておいてください。

○マニフレックス エア・メッシュ ハットトリック 価格40,000円前後

・シングルサイズでこの価格
・スポーツ選手も愛用しているメーカーの商品
・重要12kgなのでしっかりと体を支えてくれる
・12年間の無償保証付き!

高反発マットレスは、厚さが10cmあれば十分と言われています。

しかし、より良い睡眠のために、15cmのマットレスを購入する人も多く
います。

有名なメーカーの商品で厚さ15cmとなると、だいたい4万円前後。

これはしっかりウレタンが詰まっている証拠なので、くれぐれも厚さ15cm
で1万円以下の商品は購入しないようにしてください。

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス