180ニュートンの高反発マットレスってどんな硬さなのですか?

■180ニュートンの高反発マットレスはかなりの硬さ

高反発マットレスはウレタン素材でできているので、ニュートンという
単位で硬さを表します。たとえば、180ニュートンはどんな硬さでしょう?

  • 180ニュートンは女性と普通体系の男性にちょうどいい硬さ
  • 200ニュートンはガタイのいい男性にちょうどいい硬さ

ニュートン数別に高反発マットレスを見てみると・・・

・100ニュートン = やや柔らかめで、普通の硬さ
・130~140ニュートン = やや硬めで、普通の硬さ
・160~170ニュートン = 硬めで、男性にちょうどいい硬さ
・200ニュートン = かなり硬めで、大柄な男性にちょうどいい硬さ

このように、ニュートン数によってかなりの違いが出ることがわかり
ました。

まず、そもそもニュートン数とは、「質量100gの物体にかかる重力」の
ことで、マットレスで言えば、「マットレスの沈み込み具合」を表します。

つまり、ニュートン数が高ければ高いほど、沈み込み具合は小さくなり、
ニュートン数が低ければ低いほど、沈み込み具合が大きくなります。

しかし、この沈み込み具合は、マットレスのウレタンのニュートン数で
判断するのですが、人によってあっているニュートン数が違います。

ニュートン数との相性は、身長体重に左右されるので、「ちょうどいい」
と感じるマットレスの硬さには、かなりの個人差があるからです。

では、具体的にどんな体系の人が180ニュートンの高反発マットレスに
向いているのでしょうか?

■180ニュートンの高反発マットレスに向いている体系は?

180ニュートンは高反発マットレスの中でも、かなり硬めです。
体系的に言うと、こんな人に向いているマットレスですね。

  • 身長140cm、体重70kg以上の低身長で太っている人
  • 身長170cm、体重90kg以上の高身長で太っている人

ニュートン数が高ければ高いほど、反発力が大きいので、向いている
体格も大きい人ということになります。

低身長でかなりの体重がある人でも硬めのマットレスでOKですし、
高身長で体重がある人でも180ニュートンのマットレスは向いています。

ちなみに私は180cm・90kgの高身長、ぽっちゃりな男なので、普通
からやや硬めが向いています。

ニュートン数で言えば、140~170ニュートン。
私には180ニュートンは向いていないですね。

高反発マットレスはしっかりと体を支えるので、腰痛や肩こりを改善して
くれるのです。

ですが、自分の体形に合っている以上の硬さだと、むしろ体を壊すことに
なります。

自分の体形に合っているニュートン数を把握するのは、とても大切な
作業ですよ!

■180ニュートンの高反発マットレスの実際の使い心地は?

太っている人や大柄な男性などに向いている180ニュートンの高反発
マットレスの、実際の使い心地はどのようなものなのでしょうか?

  • 150ニュートンは2年くらいでへたってしまったが、長持ちしよう
  • 腰痛持ちの主人が「快適!」と言っている

180ニュートンの高反発マットレスに対する口コミは・・・

「150ニュートンのマットレスが2年で経経ったので、長持ちすることを
期待している」

「腰痛持ちの主人が快適だと言っていた」

「身体が沈まず、ぎしっと伸びた体勢で眠ることが出る」 など

満足している人が多いようです。
しかし、「ニュートン数が高い=長持ちする」というわけではありません。

実はマットレスが長持ちするには、マットレス自体の厚さも必要なの
です。

ニュートン数が高く、厚さもある高反発マットレスを選ぶようにしてくだ
さい。

■180ニュートンで1万円以下のマットレスにはご用心!

ニュートン数が高いということは、それだけウレタンを多く使っていると
いうこと。つまり、原価が高いので商品の価格も自然と高額になります。

  • 価格が薄さが極端ではないかをチェック
  • 他の高反発マットレスと価格を比べることも大切

にもかかわらず、180ニュートンで厚さ10cmのマットレスが、7,000円
前後で販売されていたります。

これは、明らかに数値を誤魔化しているのです。

ウレタン密度がしっかり詰まっていて、厚さ10cmあって、1万円以下で
高反発マットレスを販売できるわけがありません。

180ニュートンの高反発マットレスを購入する際は、価格が極端に安く
ないか、マットレス自体が薄くないかをチェックしてから購入してください。

レビューをよく読んで、耐久性なども確認をしましょう。

マットレスは賢く選べば、5年以上10年前後使えるので、簡単に決め
ないようにしてください。

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス