腰痛には低反発マットレスと高反発マットレス、どちらがよい?

■低反発マットレスと高反発マットレス!腰痛にいいのは?

つい最近まで腰痛にいいマットレスというと「低反発マットレス」でした。
しかし、最近は「高反発マットレス」といわれています。変わった理由は?

  • 低反発マットレスは最も重い腰が沈み込んでしまう
  • 低反発マットレスは正しい寝姿勢で寝ることが出来て、腰が楽

低反発マットレスが腰にいいとされていた最大の理由は、柔らかさです。

体の弱っている部分には、負担をかけないように優しい素材のマットレス
に長時間触れている方が腰痛を軽くすると考えられていました。

しかし、実際に低反発マットレスを腰痛に悩んでいる私が使用した結果
は散々なものでした。

○腰痛持ちが低反発マットレスを使用すると・・・

・身体が深く沈み込んでしまい、寝返りが打てなくて起きてしまう
・横になった時に約44%の体重がかかる腰が深く沈み込み過ぎる
・腰の血行が悪くなり、老廃物、古い血液、水分が溜まる
・朝起きると、長時間姿勢悪く座っていた時のように、腰が固まっている

このように、腰痛を悪化させる原因が多くあり、とても腰にいい寝具と
実感出来ませんでした。

○一方、高反発マットレスを実際に使用してみると・・・

・反発力が高く身体が沈み込まないので、腰が伸びている状態で寝れる
・身体が沈み込んでいない分、寝返りがとても楽
・同じ姿勢でいる時間が少ないので、朝起きた時も身体が軽い
・足の血行が良くなった気がする

このように、正しい寝姿勢で寝られることで腰が伸びて、朝起きた時も
身体がバキバキ言うことはありません。

一見、低反発マットレスの方が体を優しく包み込んでくれるので、腰痛に
いいと感じるかもしれませんが、実は高反発マットレスの方が良いです。

日本では、低反発マットレスやクッションのブームがかなり長らく続き
ましたが、欧米などでは数年単位で終了しました。

そして、すぐに高反発マットレスへ流行が移ったそうです。

マットレス文化が長い欧米だけに、低反発マットレスの身体に与える
悪影響にすぐに気がつくことが出来たのでしょう。

日本は、マットレス文化がまだまだ浅いので、知識不十分なところが
多いのです。

腰痛にいいのは、高反発マットレス!

腰が痛い、身体の調子が悪い、疲れやすい人は、高反発マットレスに
挑戦してみてください。

■腰に一番負担がかかる姿勢とは?

腰痛の人は、出来るだけ腰に負担のかからない姿勢をキープすることが
大切です。そのためには、腰に負担がかからない姿勢でいましょう。

  • もっとも負担がかかるのが座った状態で前傾
  • もっとも負担がかからないのはあおむけ寝

腰に最も負担がかかる姿勢を調べてみると、「座った状態で前傾」だ
そうです。

姿勢ごとの椎間板の内圧の関係をまとめた表によると、立っている姿勢
を100とすると・・・

・座って前傾 185
・姿勢よく座る 140
・立って前傾 150
・姿勢よく立つ 100
・横向きで寝る 75
・仰向けで寝る 25

こうしてみると分かる通り、背中を少し丸めて座る姿勢が最も腰に負担を
かけるのです。

そして、低反発マットレスで寝ると、腰が沈みすぎるせいで、腰に一番
悪い「座って前傾」の指揮に近い状態になります。

つまり低反発マットレスで寝ることは、悪い姿勢で長時間椅子に
座りっぱなしになるのと同じなのです!

その点、高反発マットレスは、仰向けに寝やすいため、腰に一番負担が
かからない姿勢で眠ることが出来ます。

「高反発マットレスにしても、どうしても横向きじゃないと眠れない!」と
いう人は、このような寝姿勢を心がけてください。

■腰痛を抱えている人に良いのは胎児姿勢!

腰痛で悩んでいる人は、仰向けに寝るのがつらいケースがあります。
そんな場合は、胎児姿勢が一番楽ですよ。

  • 寝る時に横向きになり、「ふー」と息を吐く
  • 両ひざを抱える姿勢は腰の湾曲を減らせる

私は、長い間、腰痛に悩みつづけていて、さまざまなエクササイズや
寝具、サポーターを試してきました。

そして、一番効果があったのが、横向きで寝ることです。

特に、横向きで少し両ひざを抱えたような姿勢で寝ると、腰のあたりが
スーッと楽になることを発見しました。

調べてみると、これは「胎児姿勢」という寝姿勢のようです。

横向きになり、「フー」と息を吐きながら、両ひざを抱えて、ゆったりと呼吸
をしましょう。

■体重マイナス3kgでウエストマイナス3cm!

3kgダイエットすれば、ウエストは3cm細くなります。

ウエストが細くなれば、当然腰への負担も軽くなるので、とりあえず
マイナス3kgを目指して、ダイエットに挑戦してみてください!

安いマットレスはそれなりですよ・・・

マットレスって安物買いの銭失いだな~と思ったのですが最近です。
安いマットレスってほんとうに早くヘナヘナになります。

早いものだと1年くらいですね。大体1万円以下のマットレスにおおいと感じます。

私は体重が90キロあるので体重のせいかなとおもったのですが、
同じマットレスをつかっている妻(50キロ位)も同じことをいっていたので
やはりそうかという印象です。



さらに私はもともと腰痛持ちだったので、高いマットレスを買って
一生使えるようにしようとしていました。


でも「それは合わないマットレスがあるから辞めたほうがよい」と
整体の先生に言われ、その整骨院の患者さんの間で評判をマットレスを紹介してもらいました。



こちらのマットレスです。





>>腰痛対策マットレス【モットン】



確かにこれを使ってからは朝起きたときに腰がバキバキッとなるのがなくなりましたし
楽に動けるようになりました。


購入してもう3年以上立ちますが、いまだヘタっていません(笑)
高級マットレスもいいかもしれませんが、この値段でこれだけ費用対効果があるマットレスは失敗がないと思いますよ。


返金保証がありますので、いざとなったら返金してもらえます(笑)
ぜひ試してみることをおすすめします。












>>返金保証あり・コスパ最強のマットレス